女性でも性病になると白いカスが出るものなのか?

よく男性が性病に感染したという場合、ちんこの周辺がかゆいとかちんこの周辺に白いカスがたまったといった話をよく耳にしますよね。聞いただけで何だか嫌な気分になってしまいそうですが、実はこの白いカスと言う症状は女性にも出るものなのでしょうか。

実はこの白いカスが出るという症状は、女性が感染した性病の中にもあるものなのです。そして同じように男性もこの性病に感染するとちんこの周囲に白いカスが溜まってしまうわけです。


1.一体どんな性病なのか?

男性でも女性でも感染すると白いカスが出る性病の代表的なものといえば、カンジダという性病です。カンジダは実はカビ菌なのです。外から突然入ってきたような症状が出るのですが、実際にはもともと私たち人間の体内にいる常在菌という細菌です。

普通の状態だとこのカンジダ菌が繁殖する事は無いのですが、免疫システムが低下してしまっている状態になると繁殖してしまう事になるのです。もちろんそれまではバランスを保っていたのに他の人の菌が入った事によっても感染する事もあります。

男性の場合でもちんこに白いカスが出る事で知られているので、ちんこがかゆいとか白いカスがあった場合には検査を受けてもらう、治療をしてもらうなどをしてから性行為を行うようにした方が良さそうです。


2.どんな症状が出るのか?

カンジダ菌に感染した女性にはまるで豆腐を絞ったかのような白いカスみたいなおりものが出る事で知られています。ポロポロとした感じのおりものなのですぐに異常だと気づけるはずです。

カンジダが増えてしまうと我慢ができない程の痒みに襲われる事になります。かといって掻くわけにはいかないので大変つらい症状であると言えます。それだけではなくおりものが臭いという悩みを抱える事にもなるかもしれません。

これは菌が増殖してしまうために起こる事なので、できるだけ早めに治療を行った方が良いでしょう。一度カンジダを発症してしまうと再発してしまう事がほとんどなので要注意なのです。

膣内で炎症を起こしてしまうために治療をする時には婦人科などで膣洗浄を行う事になります。しかも何度も治療をしなくてはなりません。できたら予防をする事をおすすめ致します。

男性のちんこに異変を感じたり、いつもよりも疲れが溜まっていると感じたりした場合でも感染してしまうことがあります。女性だって自分の体は自分で守らなくてはならないのです。相手にもしっかりと理解してもらうべきですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ