女性の性病にはどのような症状が出るものなのだろうか?

近年女性でも性病で悩んでいる方が多くなっているのだそうです。どうして女性が?と思われる方もいるかもしれませんよね。女性は風俗を利用する事は仕事で風俗をしていなければあり得ません。

だとするとどうして性病に感染してしまうのか不思議だと思うでしょう。実はそんな女性の彼氏をじっと観察していると「ときどきちんこがかゆいと言っていた」とか「よくちんこ周辺をかいていた」という話をよく聞きます。

つまり彼氏が性病に感染していて、その彼氏から性病をうつされたというケースがとても多いのです。ダメですよ!彼がちんこがかゆいなどと言っていたら絶対に性交渉はしない方がいいのです。


女性の性病の症状にはどんなものがある?

女性が性病に感染してしまった場合には男性の場合とは違った症状が出る事が多いですよね。感染者が増えていると言われる性病とその症状を説明していきましょう。


カンジダ膣炎

女性の感染者が多いと言われている病気です。カンジダ・アルビカンスというカビ菌が原因でさまざまな症状を出すと言われている性病です。感染はセックスをする事によって感染します。

症状は白っぽいおりものが増えます。外陰部などに我慢できない程の痒みが襲ってくる事で知られています。治療をするためには抗生物質や軟膏などで治療をします。


トリコモナス膣炎

こちらもは寄生虫が原因で膣炎を起こします。症状は黄色い感じのおりものが出てくるのでわかります。その他はかゆいという症状ではなく痛いという症状が出る事で知られています。

治療をする時には抗原虫薬を飲む事で治療をする事ができます。完治できる性病の一つです。


コンジローマ

男性が感染した時とは違った症状が出る事が多いのですが、この性病はだいたい同じような症状が出ます。カリフラワーのようなできものができるのでわかります。女性の場合は特に外陰部が腫れたような感じになるのでかなり不快感を感じるでしょう。

早く治療をしないと子宮頸がんの発症率が高くなるとも言われているので注意しなくてはならない性病である事は間違いありません。


ヘルペス

女性が感染した場合は外陰部や膣内などに水ぶくれができて破れます。この時激しい痛みを感じるので歩けなくなる事も多いのだそうです。抵抗力が低くなった時に再発する事が多い完治が難しい性病です。

いずれの性病であってもできるだけ予防をする事を考えた方が良さそうです。なので彼氏や旦那さんが「ちんこがかゆい」「痛みがある」「ぶつぶつができた」などと言う場合には絶対に性交渉をしない事です。

そして早めに二人共検査を受けてしかるべき治療を始めた方が良いでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ