女性が性病になった時の症状の特徴について

女性が性病に感染してしまった時には男性の症状とは違った症状が出るので、男性が言っている症状は全くあてにはならない事が多いのではないでしょうか。

例えば男性の場合だと多いのは「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」「ちんこにぶつぶつが」などといった「ちんこ」に出る異常が多いようです。

ですが女性には悲しいかなちんこはありません。だいたいの性病の症状は「おりもの」に出たり「会陰部」や「外陰部」への激しいかゆみなどの症状が出る事で性病の疑いを感じたりするものなのです。


1.女性の性病の症状


おりものの異常

性病の菌が膣内で繁殖するケースが多いため、おりものに異常が出るケースが非常に多いのが特徴かもしれません。例えばおりものが白っぽくなったとか黄色い色をしていたといったおりものの異常が症状として現れる事が多いですね。

例えば淋病の場合にはおりものが黄色い膿んだような色になり、強烈なくさい臭いを発するといった事も多いようです。透明だけど量がすごく増えたというケースもあるようですのでおりものに異常が出た場合には性病を疑ってもいいかもしれません。


下腹部の痛みや違和感

女性の性病の症状のもう一つの特徴としては下腹部や会陰部、外陰部への不快感や違和感そして痛みなどがありますね。これも膣内に炎症が起こっているからだと言われています。

中には排尿する時に激しい痛みを伴うケースがあったり性交痛などがあったりするので、かなり気分がブルーになってしまうのではないでしょうか。


できものができる

男性でも性病に感染した時に「ちんこにぶつぶつができる」といった症状で悩まされているケースもあるでしょうが、女性でもぶつぶつとしたできものができるというケースはあります。

コンジローマという性病に感染するとできものができて痛みやかゆいといった症状と鳴る事が多いですね。男性の場合でもちんこがかゆいといった症状が出る事もあるそうです。


2.放置する事で不妊症になる可能性が高い

女性が性病に感染した時というのは非常に危険であるケースが多いようです。というのも性病に感染してしまった場合で、気付かずに放置していると不妊症になってしまう事が多いというのも紛れも無い事実です。

なのでおかしいなと思ったらすぐに病院で検査を受ける、もしくは自宅で検査キットなどを使って検査をする。そして結果性病に感染していたとしたらすぐに治療を始めるなどをした方がいいでしょう。何でも早めの対策を練ることが重要なのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ