女性がかかる性病の種類はどのくらいあるのだろうか?

性病は男性だけのものではありません。仕事上どうしても感染しやすいという方もいるでしょうし、日常生活でお付き合いしている相手が感染していたなど色々な事で感染する事があるので特別な事でもないのでしょう。

本来ならばある程度の知識があれば性病への感染を防ぐ事ができるのでしょう。例えば男性に「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」といった症状があった場合には性交渉は控えるなどをしてもいいでしょう。

ところで男性の場合は性病に感染したら「ちんこがかゆい」とか「ちんこが痛い」などの症状が出るのは漠然としてわかりますが、女性が性病に感染した場合には「ちんこがかゆい」「いたい」という症状がどのように感じるものなのかは別として、どのくらい種類があるものなのかを調べてみました。


女性が感染する可能性のある性病の種類

実は女性と男性は同じ種類の性病に感染する可能性があります。つまり性別によってこの種類の性病に感染しないとか感染するというのはありません。もしも違うとすれば種類ではなくて同じ性病でも出てくる症状が違うという事の方が多いのです。


梅毒

これは男性でも女性でも感染する性病です。性病の種類で言えば完治する可能性がある性病でもあり進行してしまうと治療ができない性病でもあります。放置すると脳の神経がやられてしまう恐ろしい病気ですが、早期治療をすれば完治できる性病です。


淋病

これも昔からある性病の一つです。淋病は近年感染者が増加傾向にあると言われている性病です。女性でも男性でも感染するものなのですが、失明したり不妊症になってしまう恐ろしい種類の性病です。


クラミジア

女性が感染するとおりものが非常に多くなります。やはり放置しておくと不妊になってしまったりする種類の性病ですので、できるだけ早く治療をした方が良い性病ではないでしょうか。かなり感染者が多いという事なので予防をした方が良いですね。


ヘルペス

一般的には口や手にできたりする事が多いヘルペスですが、2型のヘルペス菌に感染する事で性病となる珍しい種類の性病です。でも出る症状は同じです。男性よりも女性の症状の方が激しい痛みを伴うので歩行困難になる事もあります。早めに治療をすると良いでしょう。


トリコモナス

こちらもおりものに異変が起こる種類の性病です。男性よりも女性の方が症状が強く出る事が多いので、すぐに性病に感染しているという事がわかるはずです。早めに治療を始めた方が良いでしょう。


カンジダ

女性が最も多く感染している可能性がある性病の一種です。カビが繁殖する事で発症するのですが、ポロポロとしたカスのようなおりものが出るのですぐにわかります。早めに治療をした方が良いのは当然でしょう。

まだまだたくさんあります

女性が感染するであろう性病は実はこれだけではありません。他にもHIVとかコンジローマとか色々な性病にも感染します。特に女性は症状が強く出やすいものが多いので、できるだけ早く病気の検査と治療を受けた方が良いのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ