女性の性病の特徴的な症状はやはりかゆみなのか?

性病に感染してしまった場合には、感染した性病の種類によって実に色々な症状が出てくると言われています。最近では女性でも性病に感染したというケースが増えているので「自分は大丈夫」だなどと思わずに気になる症状があれば検査を受けてみてはいかがでしょうか。

よく性病に感染したかも?と思うきっかけとなる症状ってありますよね。男性であれば「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」「ちんこにぶつぶつができた」などの症状がそうです。

実はこれ女性にも同じような症状が出る事があるのです。特に「かゆい」という症状が出た場合にはどのような性病が疑われるのかを検証してみました。


1.女性が患部がかゆいと感じる性病


コンジローマ

女性がこの性病に感染すると症状としてかゆみを感じる事が多いと言われています。コンジローマはヒトパピローマウィルスという菌に感染する性病で、外陰部にも会陰部にも膣内部や子宮口や肛門付近にまでぶつぶつができていきます。

思春期にできる脂肪のぶつぶつではなくてバラバラに不規則にあちらこちらにできものができるのですぐに「おかしい」と気づくはずです。かゆみを伴うので性病かも?と思うわけです。治療をしても再発する可能性が高いので彼や夫が「ちんこがかゆい」などと言ってぶつぶつがあった場合には性交渉はやめて検査をすすめた方が良いでしょう。


トリコモナス

膣炎を引き起こすと言われているトリコモナスという寄生虫が原因で発症すると言われている性病です。症状は黄色い感じのおりものが出る事と、痛いようなかゆみを伴うのでおかしいと気づく事でしょう。

感染源はいろいろとあるとは言われているのですが、やはり一番多い感染源は感染している方との性交渉によって感染する性病です。早めに治療をする事が重要ですというのも抵抗力が下がるので他の病気にも感染しやすくなってしまうからです。


カンジダ

おそらく女性が感染したら一番かゆみを感じるのがこの性病ではないでしょうか。カンジダに感染すると白いおりものが出るようになります。そして何よりもひどいかゆみを感じるので我慢ができないくらい辛い思いをしなくてはならないかもしれません。

治療はできるのですが再発しやすいので要注意です。早めに検査と治療を受けるようにしてください。


2.自宅で検査を受ける事もできます

女性の場合は男性よりも病院に行きやすいと考えられていますが、もしも行くのが恥ずかしいなどの場合や二人で検査をしたいという場合には、検査キットがお勧めです。簡単に二人同時に検査ができるので試してみるといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ