女性の性病であるカンジタとはどんな病気なのか?

女性が感染しやすいと言われている性病の一つであるカンジダという病気ですが、いったいどのような病気なのかが気になりますよね。実は誰でも感染する可能性がある一般的な性病なのでよく便用をして早めに治療をするようにしましょう。


カンジダはどうして感染するのか?

カンジダ菌は他の性病と同じように性交渉によって感染する性病です。症状はとても特徴的で激しいかゆみを伴うので明らかにおかしいと気づけるはずです。

ちなみにカンジダという菌はカビの一種なのですが、本当は身体の中にもともと持っている常在菌という菌の一つなのです。これが性交渉によって感染して発症したりする事もあれば、体調が悪い時などに異常繁殖してしまう事で発症するのです。


できたら体調の悪い時には性交渉はしない

性交渉でより強い菌が入ってくる事でも発症する性病なので、女性は体調が悪い時などには性交渉は控えた方がいいでしょう。もしも男性が「ちんこがかゆい」などの症状がある場合などには要注意です。

もちろんただ普通にちんこがかゆいだけかもしれませんが、用心するに越した事はありません。そういう時には事情を話して理解してもらえるよう努めましょう。


カンジダの症状はどんなものか?

女性がカンジダを発症してしまった場合には、男性が言うような「ちんこがかゆい」なんてものではありません。思わずうつした事を恨んでしまいたくなるほどの激しいかゆみを伴う症状が出てきてしまいます。

もちろんそれだけではありません。白くおからのようなポロポロとしたカスのようなおりものが出るようになります。その時のかゆみは想像できないほどのかゆみなので、それこそ掻きむしってやりたいくらいだと言います。用心したほうが良いですね。


治療はどうすればいいのか?

カンジダに感染してしまった場合には膣洗浄をするしかありません。病院に行って膣洗浄を受けたあと抗真菌剤を使って治療をしていく事になります。

注意しなくてはならないのはカンジダという性病は繰り返し再発してしまう病気です。なので再発をしないためにもできるだけ体調管理に気をつけるべきではないでしょうか。


病院に行く暇がない場合には自宅で検査を

カンジダという性病は自宅でできる性病の検査キットを使う事で簡単に診断を受ける事ができます。診断がくだったら病院に行って治療を受ければいいのです。とても簡単なので彼や夫も一緒に検査を受けてみるといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ