男性の性病にはどのような症状が出てくるものなのでしょうか?

性病なんて言葉を聞いただけでかゆいと感じてしまいますよね。そうなんです。なぜか性病というと症状の多くはかゆいという印象があるものなのです。特に男性の場合はちんこがかゆいと性病なのでは?と思う方が多いみたいですね。

もちろん男性でも女性でも性病にかかってしまったら色々な症状が出てくるものです。それは個人差ももちろん関係してきますが、やはり症状が強く出るのと出ないのとの差は免疫力の違いからくるのではないでしょうか。


性病によくある症状とはどんなものなのか?


かゆみ

もっとも多くの方が性病イコールかゆみだと感じているのかもしれませんね。ちんこがかゆいと感じると性病を疑う気持ちは確かにわかるのですが、実は全ての性病の症状の中にかゆいという症状が出るとは限っていません。実際にはあまりかゆいと感じないものなのですね。


痛み

実際に性病に感染するとこの痛みを症状として感じる方が一番多いのではないでしょうか。病気ですから痛みがあって当然なのですが、進行によってはかなり激しい痛みを感じる方が多いのだそうです。つまり感染してから何もしないでいると痛みに発展するという事になるわけです。


イボ

これも意外と多いと考えられている症状なのですが、実際にはイボが出る性病というのは限られているとご存知でしょうか。イボが症状として出る病気はコンジローマであったりヘルペスなども水疱が出るのでイボの内に入るかもしれませんね。後は性病ではありませんがフォアダイスというものも性病の症状と間違われる事があるようです。


腫れ

リンパ腺が腫れたりちんこ周辺が腫れたりする事もあるでしょう。こうした症状が出る性病は決して多くはありませんが、クラミジアなどに感染したりすると腫れを感じる事もあるようです。他にも淋病も腫れが症状の一つとして出ると言われています。


男性は尿道が長いのであまり尿道に性病が感染するという事は無いと言われているのですが、実際には意外と多かったりするので注意が必要です。淋病などに感染すると症状として膿が出る事が多いとも言われています。

いかがでしたでしょうか。もちろんこれ以外にも性病の症状と言えるものはあるとは思います。ですが代表的な症状と言えばこれら5つであると言えるのではないでしょうか。いずれにしても症状が出てからすぐに病院に行って治療を始めた方が良いかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ