男性がかかる性病の中いは腰痛を感じるというものもある

もしもこれまで感じたことが無いような症状を感じたらどうしますか?そしてその症状が出るきっかけとなりそうな事をしていたとしたら、間違いなく性病なんじゃないだろうかと疑いを持つはずですよね。

例えば何もしていないのに腰痛を感じたとしたら、それは性病なのかどうか迷ってしまうのではないでしょうか。恐らく誰だって性病なのかそれとも違うのか迷ってしまうのではないかと思います。

というのも恐らく性病の症状の代表的なものといえば「ちんこがかゆい」とか「ちんこが痛い」といった症状が多いからです。ですが実際にはちんこがかゆい、痛いだけが性病の症状ではないのです。


1.意外と知られていない腰痛と性病の関係

性病の種類によっては男性と女性とでは症状の出方が違う場合があります。その中でクラミジアという性病に感染すると、男性は腰痛を感じる事があるものなのだと言われているのをご存知でしょうか。

もちろん最初からいきなりクラミジアで腰痛が出るわけではありません。実はクラミジアという性病は男性でも女性でもあまり症状を感じないと言われています。もちろん男性は女性よりも症状を感じやすいとは言われています。

ですが初期の段階では気づかない内に症状が収まってしまう事が多いのも事実です。そのため症状がどんどん進行してしまう事も多いわけです。実はクラミジアは進行する前では「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」という症状が出る事があります。

ところがそれに気づかないでいると、ある日突然激しい痛みや下腹部の違和感、そして腰痛を感じるようになったりするのだそうです。


2.どうしてクラミジアは腰痛をいきなり感じるのか?

実はクラミジアや症状が深刻になりやすい性病というのは、突然尿道に病原菌が感染したりする事があります。男性の場合は尿道には前立腺というものがありますが、これが尿道炎とは別に前立腺炎という症状となって出るのです。

これらの症状が出ると腰痛を感じるようになるのです。腰痛というか腰に鈍い痛みを感じるようになると言われています。これは女性にはなく男性にしか現れない症状であると言えます。


3.クラミジアは早め早めの検査を!

最初の段階で排尿痛などを感じているはずです。その段階が初期の段階のはずなので、排尿時の痛みを感じたり違和感を感じたらすぐに病院で検査を受けるようにした方がいいでしょう。

病院は泌尿器科に行けば検査をしてくれます。もちろん最近は自宅で検査キットを利用して検査を受ける事ができる便利な時代ですので、自宅検査キットを利用して検査を受けてもいいですね。

早めに治療を始めるためにも性病の検査は受けておいた方が良いかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ