もしかして?と思ったら性病検査を!男性はどんな検査をするのかな?

もしも性病に感染していたとしたらどうすればいいでしょうか。恐らく多くの方が性病に感染したのかもしれないと思ったら、どうしたらいいのかわからなくなってしまって不安を感じてしまうのではないでしょうか。

ですが迷っている暇はありません。もしも感染している性病が症状を悪化させてしまうような質の悪い性病だったとしたら、まごまごしている間にどんどん進行してしまうかもしれないのです。迷っていないで病院で検査を受けるべきです。


1.性病検査にはどんな検査があるのか?

男性でも女性でも性病に感染しているのかどうかという事を調べるためには、病院で決められている性病検査をうける事になるでしょう。これは男女ともに同じ性病検査ですので男性だからこの検査という事はありません。

始めて検査を受けようと思っている方にとってはわかりにくいかもしれませんが、性病検査の方法というのも何十種類もあるのではなく、本当に数種類の検査方法しかありませんので緊張する必要はありません。


2.性病検査の方法


2-1.血液検査

もしも性病にかかってしまったかもしれないという疑いがある場合は、診察をしてもらった病院で性病に感染した可能性があるという事を伝える事になりますが、性病の特定ができないのでたいていは血液検査を行う事になります。

例えば症状を聞かれた時に「ちんこがかゆい」とか「痛い」などと言ったとしても、性病が何であるかなんて医師でもわからないものだからです。性病はそれほど多い種類あるわけではありませんが少ないわけでもないからです。

なのでまずは血液検査を受ける事になるでしょう。


2-2.尿検査

次に多い性病検査は尿検査です。尿検査を行う事によって何がわかるのかというと、尿道への感染があるかないかというのを調べるために行われる性病検査です。これも男性も女性も同じように検査をする事になるでしょう。

おおまかに分けるとこの二つに絞られるのですが、女性の場合はこれにおりものの検査などが追加される事もあるでしょう。喉の粘膜の検査を受ける必要がある場合は男性も女性も喉の粘膜を採取して検査を行います。


3.検査は病院に行かなくても受けられる

性病検査なんて本当に感染しているかどうかもわからないのに病院になんて行きたくないし、そんなに時間も無いという方も当然いることでしょう。そういう場合は病院で性病検査を受けなくても大丈夫です。

どこで受けるのかというと実は最近では自宅で性病検査を受ける事ができるようになっているのです。一般的な性病からHIVなどまで全ての性病検査を受ける事ができるので便利です。

もしも性病の検査を受けたいのだけれど、時間がなくて病院に行くことができないという場合には性病検査を自宅で行ってもいいかもしれませんね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ