男性の性病の症状の中にはぶつぶつができるというものもあります

男性のちんこにぶつぶつがあったら恐らく女性はちょっと引いてしまうかもしれませんね。もしかしたらそのぶつぶつが性病に感染しているからだと感じてしまうからなのかもしれません。

確かにちんこにぶつぶつがあってかゆいなどと言われたら想像してしまいます。ですが男性のちんこにぶつぶつがあるのは生理現象である事が多いので、あまりぶつぶつがあったとしても気にする必要は無いかもしれません。

ただしぶつぶつがあるだけではなくてちんこがかゆいとか痛いといった他の症状が重なった時には要注意かもしれません。病院に行って検査などを受けてみた方が良い場合もあるのでその見極めがとても重要になります。


1.ちんこにぶつぶつができる性病とは?


1-1.性器ヘルペス

ぶつぶつにも種類があるとは思うのですが、一般的に水ぶくれのようなぶつぶつがあった場合には完璧に性病かもしれないので迷わず病院に行くべきかもしれません。いわゆる性器ヘルペスの可能性が高いです。

高い感染力と決して死滅しない強靭な最近なので、治療が難しく再発を繰り返してしまうという恐ろしい性病です。感染を拡大しないようにするためにも早めの対策を取る事をお勧めいたします。


1-2.コンジローマ

こちらも性病です。ヘルペスとは違って水ぶくれではありませんから気づけないケースもあるかもしれません。一般的にはフォアダイスなどの性病ではないぶつぶつにも似ている事があるので見極めるのが大変です。

コンジローマのぶつぶつの場合は不規則にあちらこちらに発症しているのでわかりやすいかもしれません。しかもまるでカリフラワーのような見た目にぶつぶつができるので、こちらもよく調べてみたらすぐに違いがわかるでしょう。

ヘルペスもコンジローマも最初の初期段階での症状は「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」といった症状が出る事で知られています。ただその後の症状については激しい痛みがヘルペスでは起こり、コンジローマの場合は一気にぶつぶつが増えたりします。


2.治療方法も違ってくる

性器ヘルペスの場合は死滅させる事ができないので、悪さをしている菌を沈めるしか方法がありません。薬の作用で菌におとなしくしてもらうというのが唯一の治療法です。そうする事でみずぶくれのぶつぶつが出ないようにします。

コンジローマの場合は外科的手術でできたぶつぶつを取り除くという治療が行われるでしょう。ただしこちらも完全に取り除く事は難しいので、やはり再発をしてしまう事が多いのだそうです。

いずれにしても早期発見をして早期治療をする必要があります。それ以前に感染を予防する事ができれば一番なのですが、それが難しいのなら定期的に検査を受けてみてもいいかもしれませんね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ