男性がかかると言われる性病の種類はどのくらいあるものなのか?

男性がかかる性病の種類はどのくらいあるのか、そんな事を考えた事はありませんか?実は多くの男性が一度くらいは「もしかしたら性病かも」という悩みを持った事があると思うので、今回は男性が発症する性病の種類についてを調べてみる事にしましょう。


男性が発症する可能性のある性病の種類

性病といっても昔は「梅毒」や「淋病」などの強力な性病の事を性病だと言っていたようですが、最近では性交渉によって感染するあらゆる病気の事をまとめて性病という呼び方をしたりしているようです。なので怖いという印象が薄れてきたのは事実でしょう。

その代わりに男性が感染する可能性のある性病の種類は多くなったと言っても過言ではないはずです。


カンジダ

一般的に女性がかかりやすいと考えられていますが、カンジダ菌というのは常在菌ですので誰の身体にもある細菌の一つです。これが体調不良などによって免疫力が下がってバランスが崩れると異常繁殖して病気として発症してしまうという事になるのです。

性交渉によって感染する事になるので性病の一つとして数えられています。男性が感染するとちんこがかゆいなどの症状が出る事で知られていますね。


クラミジア

こちらもちんこがかゆいとか違和感を感じるなどの症状がでる性病の一つです。治療をすれば治る病気でもあるので心配せずに泌尿器科などへ行く事をお勧めいたします。


淋病

淋病は昔からある性病の一つですが、ちんこがかゆいという症状よりも痛みの方が先に感じるかもしれませんよね。歩くのが困難になってしまう程の痛みを感じる事もあるようです。


コンジローマ

かゆい症状はそれほど感じないかもしれませんが、放置しておくと激痛に耐えられなくなるとも言われている性病です。男性の場合はちんこに花が咲いたような派手なイボができるのですぐにわかるでしょう。根治が難しいため早めの治療が望ましいでしょう。


ヘルペス

男性でも女性でも感染すると言われている性病の一つです。感染するとかゆい症状よりも痛みの症状の方が感じるかもしれません。足の付根のリンパ腺が腫れる事でも知られています。早めに病院で治療を受けるべきでしょう。

いかがでしたか?性病の種類はこれだけではありません。もっと色々な種類の性病があるので自己判断をせずに病院でしっかりと治療を受ける事をお勧めいたします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ