気になる症状が出てきたら性病検査を受けましょう

高校や大学でも、性病検査についてそれほど詳しく教えられることはありません。

性感染症に関する授業や講義、そして性病検査の案内なども受けることはありますが、まさか自分が検査対象になるなどとは誰も考えていないでしょう。

そうは言っても、性感染症というのはそれほど非日常的な疾患でもないのです。


1.性感染症であるHIVについて

性感染症の代表格と言えば、HIVです。

主に性交渉によって感染が広がるウイルスで、エイズを発症することでも有名です。

薬害エイズ事件では、薬剤による感染が広がりましたが、基本的には性感染症と考えて良いでしょう。

正直、HIVに感染してしまったら、とても深刻です。

その他の人への感染の恐れも出てきますし、何よりエイズを発症した後の体は、時間を経るごとにボロボロになっていきます。

しかしながら、医療は日々進歩しており、例えHIVに感染したとしても、早期に発見し、早期に治療を行えば、最悪の状況は避けられるかもしれません。

大切なのは、やはり早期発見です。

HIVの感染を早期に発見するには、性病検査キットのように、迅速に検査を受けられる方法が好ましいかと思います。


2.意外に身近な性感染症

さきほど、性感染症の例としてHIVを挙げましたが、その他にも身近な性感染症は山ほど存在します。

例えば、性器クラミジアや淋菌、性器ヘルペス、細菌性膣炎、性器カンジダ症などがあります。

これらの性感染症は、やはり性交渉を活発に行っている若者に多い病気であると言えます。

性交渉の際には、コンドームなどの予防策を講じていれば、かなりの部分を防止できるのですが、それでも感染してしまうこともあります。

そこで、性器などに異常が生じ、感染の疑いが出てきたら、まず検査を受けましょう。


3.性病検査について

性病検査というのは、基本的には病院で受けるものです。

病院を訪れ、医師に問診を受け、血液なり尿を採取することで感染の有無を調べてもらいます。

けれども、病気が病気だけに、できれば名前を知られずに検査を受けたいと思う人も少なくありません。

そうした人には、保健所での性病検査をお勧めします。

各市町村に設置されている保健所では、住民を対象とした性病検査を実施しており、匿名で受けることを許されているのです。

さらに匿名性を高めたいという人には、ネット上で購入可能な性病検査キットが良いかと思います。

性病検査キットであれば、匿名かつ誰とも顔を合わせずに性病検査を受けることができるのです。

性病検査キットは値段も安く設定されており、様々な性病に対応しているため、非常に有用であると言えます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ