性感染症になった場合、男性にはどんな症状がでる?

男性は女性に比べて、性感染症による症状が出やすいといわれています。
性感染症の症状についてある程度把握しておくと、初期段階で治療を開始できるため症状を重篤化させずにすみます。
そこでここでは、男性が性感染症になった場合にどのような症状があらわれるのかということについてご紹介させていただきます。


1.性器の異常

性感染症になった男性の多くが、性器の異常を訴えて泌尿器科を受診します。

そして主訴症状の中でも最も多いのが、「排尿時の痛み」です。

男性が性感染症になると尿道炎を起こすことが多いため、おしっこをする時に痛みを感じたり、

尿道から白っぽい、あるいは黄色味がかった膿が出たりすることがあるのです。

また人によっては、睾丸が腫れることもあります。

これらの症状があらわれる病気としては、クラミジアや淋病、トリコモナスなどが挙げられます。

特に尿道から膿が出た場合は淋病に感染している可能性が高いため、できるだけ早く治療を受けるようにしましょう。


2.性器周辺部の異常

性病に感染すると、性器だけではなくその周辺にも異常が発生します。

梅毒や性器ヘルペスに感染すると太ももの付け根あたりが腫れることがありますし、

尖圭コンジローマに感染すると肛門や性器周辺の粘膜にイボのようなものができたりもするのです。

太ももの付け根部分の腫れが梅毒を原因としている場合、この段階で治療を開始すれば大事に至ることがありません。

そこで太ももの付け根や股関節周辺に何らかの異常を感じた場合には、「気のせいだろう」と見過ごすことなく直ちに検査を受けましょう。


3.口や全身の異常

性感染症になって症状があらわれるのは、なにも性器や性器の周辺だけではありません。

口腔内や全身にもその症状が出てくことがあるのです。

例えば梅毒に感染した場合には性器や肛門以外に指や唇にしこりができたり、全身の皮膚に赤色の発疹ができたりすることがあります。

また疥癬になった場合にも、やはり皮膚にみみず腫れのようなできものができたり、かゆみを伴う発疹が出たりします。

そしてHIVに感染してしまった場合、抗体ができる時期には発熱や筋肉痛といったインフルエンザのような症状が、

AIDSを発症すると発熱や下痢が何か月も続いたりリンパ節が腫れたり、体重が減少したりもします。

以上のように性感染症には様々な症状があります。

そして中には放置しておくことで命にかかわるような事態になってしまったり、

将来男性を原因とする不妊に悩まされることになったりする病気もあります。

そこで自分自身を守るというのはもちろん、大切なパートナーを守ってあげるためにも、定期的に性感染症の検査を受けることをおすすめします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ