そもそも性感染症とは何なのか?

早期発見・早期治療が大切であるといわれている性感染症ですが、そもそも性感染症とは何なのでしょうか。
ここでは、性感染症について詳しく解説させていただきます。


1.性感染症とは

性感染症とは医学界において「性的な接触を原因として感染する病気」と定義されているもので、

性交はもちろんのことクンニリングスやフェラチオといったオーラルセックスやリニングなどあらゆる性行為によって感染する病気のことをいいます。

そして性感染症にはAIDS、淋病(淋菌感染症)、トリコモナス、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、クラミジア、梅毒というように様々な種類の病気があります。

つまり「性感染症」とはそれ自体が特定の病名であるというわけではなく、これらの病気の“総称”であるというわけです。


2.性感染症になったらどうすればいいのか

では、クラミジアや淋病などの性感染症になってしまった場合、一体どうすればいいのでしょうか。

性感染症はその種類によって症状が異なり、中には何の症状も出ない病気もあります。

しかしどの病気にも共通していえるのは、感染したまま放置しているとその症状がどんどん重篤化してしまうということです。

そこでもしも性感染症にかかってしまった、あるいはかかった可能性があるという場合には、直ちに医療機関を受診しましょう。

特に何の症状も出ていない場合には、まず検査キットを用いて感染の有無を調べてみるのもおすすめです。

また何科を受診すればいいのかという点についてですが、性病に感染した場合、男性は泌尿器科、女性は婦人科を受診します。

また医療機関はもちろん保健所や検査キットによる検査の結果、HIVウイルスに感染していることが判明した場合、

専門的な治療を受ける必要があるため地域の拠点病院に転院することになります。


3.性感染症の予防法

では、性感染症を予防するためにはどうすればいいのでしょうか。

上でも説明しましたが、性感染症とは性的行為によって感染する病気のことをいいます。

それは、性感染症の原因となるウイルスが粘膜や体液に含まれており、これに直接触れることによって相手に感染してしまうからです。

そのため性感染症を予防するためには、相手の粘膜や体液に触れないことが必要になってきます。

もちろん性的行為を一切しないというのが何よりの予防になるのですが、それを言ってしまうと話が終わってしまいますよね。

そこで性行為をする際には、必ずコンドームを着用するようにしましょう。

そうすることによって粘膜や体液に含まれているウイルスが体内に侵入するのを防ぐことができるため、性感染症を予防することが可能です。

ただし性感染症の中には、毛じらみや尖圭コンジローマのようにコンドームをしていても感染してしまうものも存在します。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ