性病検査にはどのくらいの費用がかかるのか

性病検査を受ける上で、どのくらいの費用がかかるのかというのは、気になる所ですよね。

性病検査に限らず、病気や健康に関する医学的検査というのは、概して高いようなイメージがあります。

実際、性病検査も検査項目や検査を受ける場所によっては、かなり高額になります。


1.検査項目によって異なる性病検査の費用

性病検査における検査項目には、沢山の種類が存在します。

その違いを簡単に言えば、それぞれの性病における原因菌の違いです。

ですから検査項目としては、HIV、梅毒、淋菌、クラミジア、C型肝炎などがあります。

これらの項目は、それぞれ単独でも検査を受けられますし、まとめて受けることも可能です。


例えば、HIV検査であれば、5000円〜10000円くらいが検査費用の相場となっています。

梅毒検査については、3000円〜7000円程度とやや安めになっていますが、クラミジアに関しては7000円〜12000円と少し高めです。

このように、各検査項目によって性病検査の費用が異なるのは、検査に必要な検体や使用する機材も大きく異なるため、仕方のないことだと言えます。


2.性病検査は受ける形態によっても費用が異なる

先ほども書いた通り、性病検査は検査項目により、その費用が大きく異なります。

それに加えて、性病検査を受ける形態、あるいは場所によっても費用が異なってきます。

性病検査を受ける最もポピュラーな場所は、やはり病院です。

病院では、その規模の大小に関わらず、性病検査の費用は大体同じような額になっています。

そして、性病検査を受けるあらゆる形態の中でも、病院は最も高額であると言えます。

これは、初診料がとられるなど、様々な理由が考えられます。

性病検査は、各地方自治体が運営する保健所でも受けることができます。

保健所における性病検査であれば、原則的には無料で受けることができますので、費用はかからないものと考えて良いでしょう。

しかしながら、性病検査の実施回数が少なかったりしますので、上手く都合が合わなければ、なかなか受けることができないという欠点もあります。



その他、性病検査を受ける方法としては、性病検査キットを使って自宅で受けるという形態をとることもできます。

この場合の性病検査の費用としては、病院で受けるよりもかなり安く抑えることができます。

また、匿名で性病検査を受けられますし、検査結果もネット上で閲覧できるなど、費用の面以外にも、かなりメリットのある方法だと言えます。

最近では、性病検査キットを販売しているサイトも増えてきていますので、まずは一度、試しに利用してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ