男性が受ける性病検査について

男性の方で、性行為を頻繁に行っている人は、もしかしたら自分が性病に罹っているんじゃないかと不安になりますよね。

男性というのは、性病を始めとして、病気全般に無防備であったりしますので、意外に予防策を講じていない人も少なくありません。

ですから、男性の方は一度、万が一のためにも性病検査を受けておいても良いかもしれませんね。


1.男性の性病といえば

性病というのは、性別によって罹りやすいものが異なっています。

男性の場合は淋病、クラミジア、尖圭コンジローマといった疾患が多いと言えます。

淋病は、淋菌という細菌が原因となって発症する性病で、様々な症状を呈します。

代表的な症状としては、灼熱感のある排尿痛や、尿道における黄色く濁った排膿です。

かなりの痛みと、わかりやすい排膿を伴うため、発見しやすい性感染症です。

大抵の人は、こうした症状が陰部に生じれば、すぐに性病を疑いますからね。

次にクラミジアについてですが、こちらも文字通りクラミジアという細菌に感染することによって発症する病気です。

クラミジアに感染すると、排尿時の痛みが生じますが、淋病と比べるとかなり軽めです。

また、小便が通過する尿道の痒みなども感じますが、こちらも比較的軽めの症状と言えます。

ただ、このように症状が軽めであることが裏目に出て、クラミジアに感染しても放置してしまう人が少なくありません。

その結果として、性交渉の相手などに感染が広がってしまうため、昨今、感染者が増加している傾向にあります。

その他、男性がかかる性病というと、尖圭コンジローマが有名です。

尖圭コンジローマは、ヒト乳頭腫ウイルスに感染することにより発症します。

感染後には、陰茎の周りに白色や赤色のイボが生じます。

この病変はよくカリフラワーに例えられ、見た目にはかなりのインパクトがあります。

しかしながら、痛みなどの自覚症状を伴うことがあまりありません。


2.男性の性病検査について

上記に示した通り、男性が罹りやすい性病というのは、性器に異常をきたしやすいため、女性と比べると発見しやすいかもしれません。

けれども、それが何による感染症なのかを突き止めることは非常に大切です。

そこで、男性にお勧めしたい性病検査の方法があります。

それは性病検査キットです。

やはり、性器がカリフラワーのように変容してしまったら、他人に見せるのは嫌ですよね。

この性病検査キットを使用すれば、男性は自分の陰茎を人に見せずとも、性病検査を行うことができます。

ですので、男性の方で完全に匿名で性病検査を行いたいという人は、是非性病検査キットを活用してみてください。

費用も安く、気軽に購入することができますよ。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ