性病検査キット比較からわかること

自分が性病に罹っているかどうかを調べる際に、性病検査キットを活用することは、とても賢い方法だと思います。

性病検査キットであれば、いつでもどこにいても検査をすることができますし、何より匿名で性病感染の有無を調べることができるのです。

そこで、どの検査キットを購入すれば良いのかという指針にもなればと思い、性病検査キット比較を行ってみようかと思います。


1.値段における性病検査キット比較

性病検査キット比較を行う上で、まず考えなければならないのは、値段ですよね。

検査というと、それなりのお金がかかりそうなイメージがありますので、性病検査キットの値段がある程度分かっていると、性病検査も受けやすいかと思います。

インターネット上で購入可能な性病検査キットというのは、基本的には各疾患によって分けられています。

例えば、クラミジア、淋病、HIV、梅毒、C型肝炎といった感じで、どれも一度は耳にしたことのある性感染症名ですよね。

これらの性病検査キットが、それぞれ単品としてインターネット上で販売されています。

個々の値段はおおよそ税込で3000円程度となっています。

ただし、ピロリ抗原を調べる検査キット等は、少し高めの5000円程度となっています。

また、インターネット通販サイトでは、性病検査キットをセットで販売している所が多いです。

このセット販売というのは、検査項目の数によって分けられています。

例えば、クラミジアとHIVの2項目セットや、全ての性感染症の検査キットを含んだ9項目セットなども販売されています。

このセット商品の値段を比較すると、それぞれを単品で購入するよりも、格段に安くなっているのがわかります。

そもそも、性病検査キットを用いて、自宅で性病検査を行うのであれば、当然自分がどの性病に罹っているのかを判断することは不可能です。

ですので、こうした9項目セットのような商品を購入して、性病検査をすることをお勧めします。

続いて、それぞれの検査項目に該当する感染時のについて比較していきましょう。


2.症状における性病検査キット比較

最初にHIVについてですが、こちらは発熱やのどの痛みといった症状が現れます。

よくインフルエンザに似た症状であると言われています。

クラミジアについては、排尿時の痛みやかゆみ、それから排膿などが見受けられます。

淋菌感染症はクラミジアに似ており、こちらも尿道のかゆみや痛みなどが症状として現れます。

梅毒は非常にわかりやすく、性器や肛門、それから口腔内に赤いしこりのようなできものが発症します。

このように、個々の性感染症には特有の症状が存在するため、こうした点を踏まえて性病検査キット比較を行っていくと良いかと思います。

そうすると、自ずと自分がどの性病検査キットを購入すれば良いのかという、大まかな見当はついてくるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ