性病の自宅検査と病院検査の違い

性病に感染したかどうかを調べる方法として、自宅検査があることをご存知でしょうか。

性病に限らずとも、自宅検査などで本当にきちんとした検査結果が得られるのか、正直疑問ですよね。

それもそのはずです。

この自宅検査というのは、医師や看護師が自宅まで訪問してくれて、病院で受けるような検査を行ってくれるわけではないのですから。

確かに、最近では訪問診療というものが普及してきて、自宅に居ても検査なり治療を受けられるような医療体制が整いつつあります。

しかしながら、それは病院へ足を運ぶことのできない高齢者へ向けた医療サービスですので、性病の検査や治療というものは該当しません。

では、性病の自宅検査というのは、一体どのようなものなのでしょうか。


1.性病の自宅検査とは

性病の自宅検査とは、その名の通り、自分の家で性病の検査を行うことを意味しています。

そして、自分自身で性病の検査を行います。

医療行為というのは、医師や看護師の国家資格を持った人にしか許されていませんので、自分自身で検査をすると言っても、出来ることは限られています。

例えば、薬剤を注射で投与したり、体を切開したりといった行為は、基本的に許されていません。

しかしながら、性病の自宅検査というのは、もっと簡単な作業しか行わないため、自宅で自分自身で検査を行うことができるのです。


2.性病の自宅検査の詳細について

自宅での検査というと、女性の場合、妊娠検査薬を思い浮かびますよね。

妊娠検査薬はどこの薬局でも販売されていますし、誰でも処方箋なしで購入することが可能です。

性病の自宅検査も、同じようなイメージを持って頂くとわかりやすいかと思います。

具体的には、性病の自宅検査も妊娠検査薬と同様、尿を採取して検体とします。

もしくは血液を採取する検査項目もあります。

ここまでは、性病の自宅検査と妊娠検査薬と同じなのですが、その後のプロセスが異なってきます。

妊娠検査薬は、尿を採取してその場で検査結果を知ることができるのですが、性病の自宅検査の場合、採取した検体を検査機関へと郵送するのです。

つまり、検体を郵送後のプロセスは、病院で受ける性病検査と大差はありません。

検査機関に勤務する分析官が、きちんとした検査を行って、その結果を通知してくれるのです。

ですので、病院で受ける性病検査と自宅検査では、それほど精度の面で違いはありません。

そんな性病の自宅検査は、インターネットで販売している性病検査キットを購入することで行うことができます。

誰でも購入できますので、まずは性病検査キット通販サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ