std検査キットを使うことにはどのようなメリットがあるか

性感染症の検査をするには、std検査キットを用いる方法の他にも保健所での検査や病院での検査といった方法があります。

そのなかであえてstd検査キットを使用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、std検査キットで性感染症検査をすることのメリットについてご紹介させていただきます。


1.誰にも知られず検査ができる

性感染症は、性的行為が原因で感染する病気です。

また最近でこそHIV等に対する偏見も少なくなってきましたが、それでも性感染症は他の病気とは切り離されて考えられがちです。

そのため性感染症について不安を抱えて検査を受けたいと思っていても、なかなか病院に足が向かないという方も多いのではないでしょうか。

また自宅の近くの病院や保健所では知り合いにばったりと出くわしてしまったり、どこかから自分が性感染症の検査を受けたことがばれてしまったるするのではないかと不安に思われる方も多いかと思います。

その点std検査キットによる性感染症検査の場合、検査の申し込みはもちろん検体の採取、さらには検査結果の確認までその全てを自宅で行うことができます。
そのためstd検査キットを利用すると、誰にも顔を合わせることなく、プライバシーをしっかりと守った状態で検査を受けることができるのです。


2.一度に沢山の項目の検査を受けることができる

気になる症状があるため性感染症検査を受けに医療機関を受診した場合、医療機関ではその症状が出る可能性のある病気についてしか検査をすることができません。

例えば尿道炎の症状が出ていて淋病やクラミジアへの感染が疑われる場合、医療機関としては基本的にこの2つの項目についてしか検査をせず、HIVや梅毒等についての検査を行うことはないのです。

医療機関においてはあくまでの治療目的の行為しか保険適用で行うことができないため、他の項目についても検査をするとなると全額自己負担となってしまう可能性があるからです。

これに対して検査キットを利用する場合、自分が気になっている性感染症全てについて、その感染の有無を調べることができます。

つまり検査キットを使用すると、一度に沢山の項目について検査を受けることができるというわけです。


3.病院で検査するよりも安い場合がある

上でも説明しましたが、検査キットを使用すると一度に沢山の項目について検査を受けることができます。

医療機関で全額自己負担にて同じ項目の検査を受けるとなると、3万円以上の費用がかかることもあります。

しかし検査キットであれば、10項目について検査をする場合であっても15,000円程度で済んでしまうのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ