HIV検査は病院・保健所・自宅のどれかで

短期間に、不特定多数の異性と性行為に及んだり、コンドームなどで性病への予防策を講じていなかったりすると、もしかしたら性病に感染したんじゃないかと不安になりますよね。

そうして感染して、最も性質の悪い性病がHIVです。

HIV感染後は、体が徐々にボロボロになっていきます。

これは体の免疫機構が破壊されてしまうためです。

HIVは症状もそうなのですが、治療自体も苦しさを伴います。

ですから、出来れば一生のうちで、一度も感染しないに越したことはありません。


1.HIVの感染を広げないためにできること

HIVという病気は、患者本人の体を蝕んでいきます。

最終的には、命さえ奪っていきます。

ですから、HIVにだけは感染しないように気を付けましょう。

そして仮に感染したとしても、それを他人にまで広げることはないよう、全力で努力しましょう。

そのためには、HIV感染の疑いが出てきたら、即座にHIV検査を病院で受けることをお勧めします。

病院では、いつでもHIV検査を受けられるような体制を整えてくれているはずです。

当然のことながら、HIV検査を病院で受ければ、陽性なり陰性なりの結果がすぐに出ますので、結果に応じて、その後の行動についても考えていきましょう。


2.HIV検査の結果を受けて

もしも、HIV検査を病院で受けて陰性という結果が出たら、心から喜びましょう。

そして今後、再びHIV検査を病院で受ける必要がないような性生活を営みましょう。

HIVは特定のパートナーと、適切な形で性交渉していれば、感染する怖れのない病気です。

無論、パートナー双方が同じ意識を持っていなければなりませんが、意識を同じくすることはそう大変なことではないかと思います。

HIVは人生をめちゃくちゃにする病気ですので、過剰なくらい予防策を講じても損はないかと思います。

続いて、HIV検査を病院で受けて、結果が陽性だった場合についてです。

このケースでは、病院の担当医師が速やかに治療計画を立ててくれるかと思います。

立案してくれた治療計画に従って、HIVを治すことに全力を傾けましょう。

最近は、HIVの治療法も次第に進歩してきています。

HIVの感染状況に合わせて、様々な治療方法があるかと思いますので、安心して医師の指示に従っていきましょう。


3.HIV早期発見を実現するツール

最後に、HIVを早期に発見するための重要なツールをご紹介しておきます。

それはHIV検査キットです。

これはインターネット上の通販サイトで手に入る性病検査キットのひとつです。

価格も3、4千円と安く、非常にお手軽です。

この検査キットを活用すれば、こまめにHIV検査を受けることができますし、わざわざ病院まで足を運ぶ必要もありません。

ですので、性病感染に不安のある人は、積極的にこうしたツールを活用していきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ