HIV検査キットを活用しよう

誰しも一度はHIV検査を受けてみたいと思うのではないでしょうか。

もちろん、HIV特有の症状もなく、感染が疑われるような性交渉がなかったとしても、いつどこで感染しているかはわからないものです。

薬害エイズ問題のように、病院での治療中に感染することもあり得るのです。

そこで、自分自身がHIVに感染しているか否かを検査しておくのは、無駄なことではないと言えるかと思います。

1.HIV検査を受けるにあたって

HIV検査はあくまで検査なので、受ける上では何ら問題はないかと思います。

しかしながら、やはり社会の眼というものを意識してしまうものです。

そこで求められるのが、検査を受ける上での匿名性です。

実はHIV検査は、名前を伏せて受けることが可能な方法が存在します。

まず一つ目の方法としては、HIV検査を病院ではなく、保健所で受けるという方法です。

各自治体では、保健所でHIV検査を実施しており、その多くで匿名での受診が可能となっています。

また、検査費用も無料であることがほとんどです。

このような機会を各自治体が設けてくれていますので、利用しない手はないですよね。

けれども、匿名で受けられると言っても、保健所では検査の受付を行っている方々と顔を合わせることは避けられません。

できればそれすら避けたいという人には、HIV検査キットがお勧めです。


2.HIV検査キットは完全に匿名で検査を受けられる

HIV検査キットというのは、HIVの感染を調べるために必要な道具がセットとなっている市販の商品です。

このHIV検査キットを使用すれば、検査を受ける時はもちろんのこと、結果を聞く祭も誰とも顔を合わせずに済ますことができます。

具体的には、インターネットサイトで販売しているHIV検査キットを利用すれば、完全に匿名で自分の感染の有無を調べられるのです。

HIV検査キットの使用方法についてですが、至って簡単です。

自宅で検体となる血液などを採取して、検査機関に送るだけなのです。

ですから、自分でHIV検査を行っても、失敗する怖れが非常に少ないと言えます。


3.HIV検査で感染の有無を確定するには

ただし、自宅で行うHIV検査でHIV感染が確定するわけではありません。

HIV検査には、スクリーニング検査と確認検査の2段階があります。

自宅で行えるHIV検査は前者の方だけなので、もしも、この段階で感染の有無が疑われたら、速やかに医療機関へ行きましょう。

このように、HIV検査キットを利用することは、匿名性を確保するだけでなく、感染の有無を早期に気づかせてくれる役割も担っていると言えます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ