潜伏期間を考慮したHIV検査に適した時期 | 性病検査キットランキング

もしもHIVに感染しているかもしれないと思ったら、検査を受けてみることが一番望ましい事ですよね。

でも感染したかもしれないからといって、すぐに検査してもわからないものなのです。今回は検査時期についてのお話をいたします。


1.HIVに感染したかも! 早く検査を受けたい!

HIVに感染してしまったら絶望的になったりしますよね。その理由は簡単です! HIVは治らない病気だからです。

現代医学では発症を抑えるしか方法がないのが現状です。だからこそ感染したかどうかをなるべく早く知る必要があるというわけなのです。

でもどんな病気でもそうですが、感染したかどうかを調べるにしても検査時期というものがあるものなのです。

つまり感染したかもしれないという日がわかっていたとしても、検査を受けても陽性か陰性かがわからない時期というものがあるわけです。

もちろんHIVにしてもそうです。ではHIVは感染したかもしれないと思う日から、どのくらい経過していれば最適な検査時期なのかを説明いたします。


2.HIVの最適な検査時期

HIVに感染したかどうかを検査で判断するために最適な検査時期は3か月以上経過してからです。

なぜか? HIVに感染したその日から感染した人の体内では、HIVが増殖を始める事になるのですが、このときのたんぱく質を検出する事ができるようになるのが3か月ころからなのです。

もちろんすべての感染者が3か月たてば検査で結果がわかるのかというとそうではありません。

個人差というものがあるので人によっては3か月を過ぎても検査に反応が現れないという人もいるので、3か月を過ぎたら数回にわたって検査を受けるようにするといいでしょう。

HIVはキャリアでいる分には普通の状態と同じ生活が送れるといいますが、HIVを発症してしまうととたんに免疫力が下がり続けてしまうため、ちょっとした感染症にもすぐに感染しやすくなってしまうのです。

それを防ぐためにはなるべく早く感染の有無を知る必要があるわけです。


3.早くHIVへの感染を知るためには

定期的にHIVの検査を受ける必要があるでしょう。問題なのは病院に定期的に行くだけの余裕があるかどうかです。

命は大事ですが社会人としての生活も大事ですよね。治療をするにしても治療費を稼がなくてはなりませんので、そうそう会社を休んでもいられないのです。

そこで定期的にHIVの検査を受けるのならば、性病検査キットを使って定期的に検査を受けるといいでしょう。

性病検査キットは自宅で誰にも知られる事なくHIVの検査を受ける事ができます。血液を専用のキットで採取して検査機関に送って検査結果を待つだけです。

費用の方もHIVだけならば1回につき5000円弱で受ける事が可能です。

病院に行って何度も検査を受けるよりもプライバシーも保てますし、陽性の反応が出たらすぐに治療を受けるための相談もできますので、こまめにHIVの検査を受けたいという方には最適の検査方法であるといえるかもしれません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ