淋菌に感染したまま放置しているとどのような症状が出てくるの?

淋病の原因となる淋菌は、粘膜同士が接触することによって感染します。

そのため淋菌は、セックスはもちろんオーラルセックスやリミングなど様々な行為が感染経路となってしまいます。

では、淋菌に感染したまま放置しているとどのような症状が出てくるのでしょうか。


1.男性の場合

男性が淋菌に感染した場合、まずは尿道に違和感や熱っぽさを感じたり、尿道から黄色い膿が出たり、排尿時に痛みを感じたりするようになります。

これらは全て淋病の初期症状である尿道炎の症状ですので、この段階で適切な治療を受けさえすれば深刻な症状が出てくることがありません。

しかしこれらの症状をそのまま放置していると、どんどん淋菌が増殖し、精巣上体炎を発症する場合があります。

精巣上体炎とは簡単に言うと睾丸に炎症が起こって腫れる病気で、睾丸に痛みが生じるのはもちろん排尿が困難になったり、時には熱が出たりすることもあります。

そしてさらにこれを放置していると、睾丸の腫れが酷くなってしまって歩けなくなることもあるのです。

また淋病を放置していると、それが原因で前立腺炎になることもあります。

そして前立腺炎になると、排尿をしても残尿感が合ったり、排尿時に痛みを感じたり、下腹部に鈍痛が生じたりします。

前立腺炎は治りにくく慢性化しやすい病気ですので、早い段階で淋病を治療し、前立腺炎にならないようにすることが大切です。


2.女性の場合

次に女性の場合についてです。

女性は男性と比べて淋病に感染しても症状が出ないことが多いため、気づいたときには症状が重篤化していることが多いようです。

女性が淋病に感染すると、まずは子宮頸管炎を発症します。

そしてこれを放置していると、子宮頸部で淋菌がどんどん増殖していき、膀胱炎になったり、子宮内膜炎になってしまったりすることもあります。

そしてこれらの炎症は子宮付属器炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎というように上へ上へと進んでいきその症状も重篤化していきます。

女性が淋病に感染した場合、黄色いオリモノが出たり性器に赤い腫れが生じたり、オリモノに膿が混じったりすることがありますので、もしもパートナーにこのような症状がみられた場合には一緒に検査を受けてみることをおすすめします。


3.性病検査キットを利用しよう

上でも書きましたが、淋病は放置していると大変なことになってしまいます。

また、女性の場合は淋病に感染していたとしても症状が出ないことが多く、気づいたときにはかなり深刻な症状に苦しまされることもあります。

そこで自分自身はもちろん、パートナーの健康を守ってあげるためにも、二人で検査キットを利用してみるというのはいかがでしょうか。

検査キットならば医療機関を受診する必要もありませんので、パートナー同士で気楽に検査を受けることが可能です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ