淋病の感染経路について解説します!!

尿道から膿が出たり、将来不妊の原因になったりする淋病ですが、一体どのような感染経路をたどってくるのでしょうか。
ここでは、淋病の感染経路についてご紹介させていただきます。


1.粘膜同士の接触で感染

淋病は、淋菌というウイルスに感染することによって発症します。

そしてこの淋菌は、粘膜同士が接触することによって感染します。

つまり淋病の感染経路は「粘膜同士の接触」ということになります。

パートナーだけが淋病に感染した場合、「温泉でうつった」とか

「ホテルのシーツからうつった」なんていう“言い訳”を耳にしますが、こういった行為で淋病に感染することはまずありません。

なぜならばこういった行為では粘膜同士を接触させることができないからです。

では、粘膜同士を接触させる行為とは具体的にどのような行為のことをいうのでしょうか。

その代表的なものとしては、やはり性交渉が挙げられます。

また性交渉をしなくとも、オーラルセックス(フェラチオやクンニリングス)、

ディープキス、リミング(互いの肛門をなめあう行為)によっても淋病は感染します。

つまり淋菌は、たとえ性交渉をしなくとも粘膜同士を触れ合わせる行為さえすれば簡単に感染してしまうというわけです。


2.淋病は喉にも感染する!!

あまり知られていない事実ですが、淋菌は喉からも感染します。

「粘膜同士の接触」というとどうしても性器同士の接触ばかりを考えてしまいがちですが、淋病の原因となる淋菌は、喉にも感染します。

そのため、例えば喉に淋菌を持っている人がフェラチオをしたりクンニリングスをしたりした場合、

その行為が感染経路となり相手に淋病をうつしてしまうこともあるのです。

風俗店での行為で淋病に感染する方が多いのもこのためですね。

また上でも少し書きましたが、淋病はディープキスでも感染します。

「キスで感染なんてするの?」と驚かれる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、舌を絡めない軽いキスをしただけで淋病に感染するということはあり得ません。

しかし舌をからめるようなディープキスをした場合、喉にいる淋菌が相手の喉にうつることで淋病に感染してしまう場合があるのです。

ちなみに、淋菌が喉に感染したからといってその淋菌が性器に移動するということはまずありません。

ただし、パートナーと無防備な性交渉を繰り返していると、自身の喉の淋菌が相手の性器に感染し、その淋菌が自分の性器に感染するということは十分にあり得ます。

最近は自宅検査キットでも喉と性器の両方を検査することができますので、心配な方は一度検査してみることをおすすめします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ