クラミジアの感染経路って何?

感染したとしても特に何の症状もないことが多いクラミジア。
症状が出ないということは感染した時期を特定することができないため、ある意味厄介ですよね。
では、そもそもクラミジアはどういった感染経路をたどってくるのでしょうか。
ここではクラミジアの感染経路についてご紹介させていただきます。


1.性交渉

クラミジアの主な感染経路は、性交渉です。

というのもクラミジアのウイルスは、生きている細胞の中でしかその生命を維持することができません。

例えクラミジアに感染した人の体液が体外に排出されたとしても、その体液の中の細胞が死んでしまっていればクラミジアのウイルスも死んでしまうのです。

そのため、クラミジアに感染した人と一緒に温泉やプールに入ったとしても、ウイルスに感染することはありません。

つまりクラミジアに感染するということは生きている細胞に直接触れる必要があるということです。

そして「生きている細胞に直接触れる」行為こそが、性交渉なのです。

実際、クラミジアの感染率は男性よりも女性の方が高くなっています。

これは、女性の方が体内にパートナーの体液が残りやすいためであると考えられています。


2.オーラルセックスからも感染!?

性病というと、性行為、つまりセックスをすることによって感染するもの、というイメージがありますよね。

しかしこれが大きな間違いです。

上でも説明しましたが、クラミジアウイルスは生きている細胞の中であれば生き続けることができます。

そしてクラミジアがいる細胞や体液に直接触れた場合に、クラミジアに感染してしまうのです。

ということは、何もセックスをしなくともクラミジアウイルスが存在する粘膜や体液に直接触れれば、クラミジアに感染してしまうということになります。

そう、クラミジアはオーラルセックスによっても感染してしまうのです。

オーラルセックスもクラミジアの感染経路となるなんて、少し驚きですよね。

男性がクラミジアに感染していた場合、男性の性器や体液を口に含んだ女性はクラミジアに感染してしまいますし、

反対に女性が喉にクラミジアウイルスを持っている場合、男性の性器を口に入れることによって男性にウイルスを感染させてしまうことがあります。

実際、パートナー意外と性交渉をしていないのにクラミジアに感染してしまったという男性の中には、

性交渉こそしていないものの風俗等でオーラルセックスをしたという方が非常に多くいらっしゃいます。



「性病」は、性交渉をしなければ絶対に感染しないというものではありません。

オーラルセックスによって性病に感染したという事例は非常に多くありますので、

オーラルセックスだからと安心するのではなくしっかりと予防策を講じることが重要ですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ