クラミジア検査の値段は検査キットが最安!

もしも自分がクラミジアなどの病気への感染が疑われた場合、あなたはどうされますか。

やはり、クラミジアなどの性感染症は、ある程度の確証がない限り、そう簡単に病院へ検査を受けに行くことはできませんよね。

しかしながら、仮にクラミジアに感染していたとすると、放置することによって様々な弊害で出てきます。


1.クラミジア感染を放置することによる弊害

まず、クラミジア感染を放置して、検査も治療も受けないとなると、当然のことながら患者本人の症状が悪化していきます。

これはどんな病気においても同じことが言えますから、想像するのは簡単ですね。

そして厄介なのは、クラミジアのような性感染症は性器を中心として、病変部が広がっていくという点です。

ですので、クラミジア感染を放置すると、男性なら無精子症などを引き起こしてしまうリスクが非常に高まります。

ここまでは、患者本人が被る弊害ですが、性感染症はそれだけに留まりません。

性感染症と言うくらいですから、性交渉中に感染を引き起こすため、パートナーにも迷惑がかかるのです。

クラミジアの感染率は、性感染症の中でも最も高いと言われていますから、この点についてはきちんと頭に入れておかなければいけないでしょう。

ですから、クラミジア感染が疑われたら、すぐに検査を受けることをお勧めします。

そこで、続いてはクラミジア検査の内容やその値段について言及していきます。


2.クラミジア感染症の検査の内容

クラミジアの検査を病院へ受けに行くと、まず医師による問診が行われます。

男性の場合であれば、尿道からの排膿があったり、痛みが生じていたりします。

特に、排尿時の痛みが目立ちます。

女性の場合は、生理におけるおりものの増加といった症状が見られますが、自覚症状がないことがほとんどです。

そうした自覚症状に関する聴取が終わると、続いて尿検査へと入ります。

尿検査では、、尿を採取して、核酸増幅法や抗原検査法などを行うことによって感染の有無を調べていきます。

この検査で、クラミジア感染に関してはあるほぼ診断を固めることができます。


3.クラミジア検査の値段について

クラミジア検査の値段は、他の性感染症と比べても、それほど料金が高いものではありません。

病院での初診料などを踏まえても、5千円程度で受けられるのではないでしょうか。

ただし、病院によっては検査費用だけで1万円もとられる場合もありますので注意が必要です。

そこで、クラミジア検査の値段をできる限り安く抑えたい方には、お勧めしたいキットがあります。


4.クラミジア感染症の性病検査キットは料金が安い

病院でのクラミジア検査では、初診料を始めとして、各検査項目ごとに治療費がとられてしまうので、結果的にそれなりの値段になってしまいます。

そこでお勧めなのが、インターネットでも購入が可能な性病検査キットです。

インターネットで手に入る性病検査キットは、検査項目によって分類されており、項目が増えるごとに値段も上昇していきます。

その中でも最もスタンダードで、最も安価な性病検査キットがクラミジアと淋菌です。

クラミジアと淋菌のセットであれば、価格が5000円前後と安く、結果も早く出ます。

このように、クラミジア検査は非常に安い値段で受けられますので、性器や咽頭に異常を覚えたら、まず検査を受けてみることをお勧めします。

というのも、クラミジアは感染率の高い性病ですから、放っておくと周りに感染がどんどん広がってしまうため、非常に危険であると言えるのです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ