クラミジアの感染の有無を調べる検査とは

クラミジア感染症は、その感染の有無を検査によって判定することができます。

クラミジアは比較的、症状がわかりやすい性感染症でもあるので、見た目で明らかに異常があるということがわかりますよ。

特に、性器に現れる症状が顕著です。

そのため、臨床症状は男女で大きく異なってきます。


1.クラミジア感染症における症状の性差

男性の性器は女性のものと比べて尿道が長いです。

ですので、クラミジア感染を起こすと、クラミジアが尿道内で増殖し、尿道炎を起こします。

症状が現れるのは感染後1〜2週間で、尿道のかゆみや軽度の排尿痛などが出てきます。

症状が軽い場合は多いので、病院へは行かずに様子を見る人も少なくありません。

その結果、2〜3週間で症状が治まるのですが、治癒したということではないので注意しましょう。

これが性感染症の問題点で、細菌やウイルスが体内に潜伏してしまうため、感染が広がっていくのです。

女性の場合は、生理におけるおりものの増加といった症状が見られますが、自覚症状がないことがほとんどです。

問診が終わると、尿を採取して、核酸増幅法や抗原検査法などを行います。

これらは、尿中に含まれる細菌等を検出する検査で、特異度が高く有用であると言えます。


2.クラミジアと区別する必要がある疾患

冒頭で、クラミジア感染症はわかりやすい臨床症状が出るということを言いましたが、必ずしもクラミジアであると断定できる材料にはなりません。

というのも、クラミジア感染症と似たような症状を呈する性感染症があるため、きちんと検査によって区別する必要があるのです。

クラミジアの感染が疑われる際、区別すべき疾患に淋菌による尿道炎があります。

どちらも代表的な性感染症であり、症状も似ているため検査によって見分ける必要があります。

ただし、臨床症状は似通っているのですが、各症状の程度が多少異なりますので、まずそこに目を向けましょう。

例えば、淋菌の潜伏期間はクラミジアと比べて極端に短く、早ければ2日で発症します。

また、排尿痛に関しては、淋菌は比較的強いと言えます。

その他、淋菌は排膿の量が多かったり、膿の色が黄色く濁っているといった特徴があります。

こうした特徴は、自分自身の目に見えるものであったり、感じることができるものであるので、問診の際には、きちんと時系列に沿って説明しましょう。


3.クラミジアの検査について

最後に、クラミジアの検査を受ける際の手順について詳しく説明しておきます。

まず、尿道で炎症が起きているか否かを調べるのには、尿沈渣を行います。

これを尿を採取して検体とし、遠心分離器にかけて尿中の細胞成分を調べます。

これにより、性器において炎症が起こっているかどうかを判断することができるのです。

クラミジアの検出自体は、核酸増幅法という検査法で行います。

尿に含まれているDNAを沢山増やして、その中にクラミジアのものが含まれているかどうかを調べるものです。

こちらの検査では、クラミジアに感染していればかなりの高確率でクラミジアを検出することができます。

その他、性感染症の検査と言えば、血液検査を思い浮かべる人も多いかと思いますが、性器クラミジア感染症の場合はあまり有効ではありません。

というのも、過去のクラミジア感染の有無は評価できるのですが、今現在感染しているかどうかは評価できないのです。

病院でクラミジアの検査を受ける場合は、上記のような手順で行われます。

もしネットで販売されているような性病検査キットを利用すれば、患者自身は尿を採取して郵送するだけなので、かなり手軽であると言えます。

もしかしたらクラミジアに感染したかも、という心配がありましたら、まず性病検査キットを活用してみることをお勧めします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ