性病感染を血液検査によって判定する

性病の検査方法にはいくつか種類があります。

検査方法の違いにより、検出できる病原体も異なります。


1.性病の検査方法の種類について

性病感染の有無を調べるには、まず尿を検体する尿検査が行われます。

採取するのも容易ですし、尿検査からわかることも沢山ありますので、とても有用な検査法であると言えます。

次に、性病検査の検査法として分泌物を検体とした分泌物検査法というものがあります。

これは膣の粘膜や咽頭粘膜の組織を採取することによって、性病感染の有無を判定していきます。

検体を採取する際に、直接膣などの陰部に触れるため、心的なストレスは高いと言えます。

その他、血液を検体とした性病の血液検査があります。


2.性病を血液検査で調べる

病気について検査するとなると、やはり血液検査が欠かせませんよね。

体に何らかの異常がある場合、血液を調べればかなりのことがわかりますからね。

性病においても血液検査を行うことで、どういった細菌やウイルスに感染しているのかや、重症度まである程度知ることができます。

ちなみに、性病における血液検査で見極められるものには、かなりの数がありますよ。

まず、HIVがその代表ですね。

HIVはその名の通り、ヒト免疫不全ウイルスというウイルスに感染することにより、発症します。

ですから、感染後にはこのウイルスに対する免疫反応や、ウイルス自体も検出されるのです。

しかしながら、HIVウイルスについては、気を付けなければならないことがあります。

HIVウイルスは他の性病と異なり、血液検査を感染直後に行っても陽性と出ることが多いのです。

このウイルスに関しては、陽性反応が出るまでに時間差があるので、注意しておきましょう。

その他、血液検査で感染の有無が確認できる性病には、梅毒があります。

梅毒も性病の代表的な疾患で、非常に感染しやすい病気の一つです。

それから、性器ヘルペスやB型肝炎、C型肝炎といった感染症も血液検査によって見極めることができます。

ただ、性病に限らずとも血液検査をする上では、採血という行為を避けることができません。

いわゆる注射というものですね。

これを苦手としている人も多いかと思います。

しかしながら、性病の検査キットなどで行う血液検査では、注射器を用いずに済むものも沢山あります。

ですので、性病の血液検査キットでは、病院で行われる注射針を用いたあの採血とは異なると考えて良いでしょう。

そうしたことも踏まえ、性病検査キットは性病感染の有無を調べる上で、非常に有用なツールであると言えます。

性病について悩んでいる人は、一度試しに使用してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ