体の赤い斑点は性病の可能性アリ

体に赤い斑点が出た場合、性病の可能性があります。

なかでも重大な病気の可能性がありますので、軽く考えないことが重要です。

どのような病気が考えられるのでしょうか。


1.赤い斑点は性病の可能性がある

体に赤い斑点が出た場合に多くの人がまず考えるのは、皮膚疾患だと思います。

少しかぶれたのかな、とか体調不良で蕁麻疹が出たのかな、とかその程度かもしれません。

しかし性病の症状として赤い斑点が出ることがあります。

知識が乏しいと体の斑点から性病が原因と思い当たることができず、皮膚科で治療しても治らなかったり放置して重病化してしまうこともあり得ます。

どのような病気の可能性があるのか、体の部位別で見ていきます。


2.ペニスにできた場合

赤い斑点がペニスにできた場合に疑われる病気は以下の通りです。


1.亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は亀頭や皮の炎症です。

亀頭や皮にできた小さい傷から細菌が入り込んで発症します。

炎症の症状として、赤い斑点ができたり白い垢のようなものが出たり、皮が腫れたりします。

性交渉がなくても発症する可能性はあるため厳密には性病ではなく、軽い症状の場合は自然治癒することもあります。


2.カンジダ

カンジダ菌がペニスで繁殖して発症します。

この菌は常在菌と言って常に体の周りにある菌です。

普段の状態では発症することはありませんが、体調不良などで抵抗力が低下している場合などに発症します。

症状自体は亀頭包皮炎と似ており、ペニスが斑点状に赤くなり、垢が出たり悪臭を発したりします。

自然感染が多いですが、性交渉で感染する場合もあります。


3.体にできた場合

赤い斑点がペニス以外に出る性病もあります。

ペニスに出る場合より重大な病気のため、注意が必要です。


1.梅毒

梅毒はペニシリンが発明される前は不治の病として恐れられてきました。

治療自体はペニシリンの発明により簡単になりましたが、近年は感染自体に気づかない若年層での流行も指摘されています。

梅毒は第1期から第4期まで数年かけて病状を変えながら進行していきます。

その第2期の症状として、赤い斑点が全身に現れることが分かっています。

第3期、第4期と進むと命にかかわる症状が起こってくるため遅くともこの第2期までに治療が必要です。


2.HIV

HIVはヒト免疫不全ウイルスというウィルスです。

体に入り込むと、免疫力をつかさどる部分を破壊しながら繁殖を繰り返すウィルスです。

HIV自体が悪さをするというよりも、免疫力を低下させられていることによって普段はかからないような病気にかかってしまうというのが、この病気の恐ろしさです。

HIVの初期の段階で免疫力の低下を原因とする赤い斑点が全身に現れることがあります。

痛みもなく、すぐに無くなってしまうため単なる湿疹と見逃されることも多いと言われています。

このHIVが進行するとエイズと呼ばれる段階まで進んでしまうのは、ご存知の方も多いと思います。

昨今では、エイズまで進行する前に食い止めることもできるようになっているため、まずは感染に気がつくことが重要です。


4.検査と治療

赤い斑点を引き起こす可能性がある性病について見てきました。

重大な性病の可能性があることもご理解いただけたと思います。

重要なのは早期に病気を発見することです。

症状が出たら、また症状がなくても定期的に検査を受けることが肝心です。

検査は病院で受けることがもちろん可能ですが、性病検査キットを利用する方法もあります。

性病検査キットは自宅で誰にも知られず検査が可能なため、プライバシーも守られます。

検査の結果、性病に感染したことがわかった場合は、すぐに医療機関で治療を始めることが重要なのは言うまでもありません。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ