排尿痛の出る性病とは?

世の中には数え切れないくらいの性病が存在しています。

症状も病気によってそれぞれです。

排尿痛の出る可能性のある性病を解説していきます。


1.排尿痛の出る性病

排尿時に痛みがある場合は、一般的に尿道炎という状態が原因です。

尿道炎とは文字通り、尿道に起こる炎症です。

細菌やウィルスが尿道に入り、繁殖することで起こります。

尿道炎の症状は、排尿痛の他に排尿時の違和感や、尿道から膿が出るなどです。

この尿道炎を引き起こす可能性のある性病がいくつかあるので、具体的にそれぞれ見ていきます。


2.淋病

淋菌という菌が原因で感染する病気です。

性交渉での感染が主な感染経路です。

淋病に感染した場合の尿道炎は程度が重い場合が多く、灼熱感とも形容されるような排尿痛が出ることが少なくありません。

また、尿道から出る膿は黄色っぽく粘度が高いものが出る傾向があります。

治療は注射や点滴で行います。


3.クラミジア

クラミジア菌という菌が原因で感染します。

こちらも性交渉が主な感染経路です。

クラミジアに感染した場合は、尿道炎の程度が軽い場合が多く、全く症状が出ない場合も少なくありません。

痛みというよりは排尿時の違和感程度であったり、膿が出る場合も粘度が低く透明であることが多いです。

症状の軽さから、感染に気が付かないケースが多くありますが、放置すると男性の場合は膀胱炎や、副睾丸炎になってしまうこともあったり、不妊の原因になったりします。

抗生物質の服用で治療するのが一般的です。


4.カンジダ

カンジダ菌というカビの一種が原因で起こります。

カンジダ菌は身の周りに常に存在する常在菌であり、免疫力が低下している時に体に入り込み繁殖します。

ペニスの表面や膣の中に白い垢のようなものが発生するのが主な症状ですが、近い位置にある尿道に菌が入り込むことで尿道炎を引き起こす可能性があります。

性交渉より、自然感染するケースのほうが多いと言われています。

抗真菌薬と呼ばれる薬を内服する、もしくは塗ることで治療します。


5.検査と治療

以上、排尿痛につながる尿道炎を引き起こす可能性のある性病を見てきました。

いずれも命に関わるような病気ではありませんが、上記の病気に感染している際は、HIVなど重大なウィルスにも感染しやすくなっています。

不安がある場合、また症状が出ない病気があることも考え、症状が無くても定期的に検査を受けて安心した生活を送ることが重要です。

性病検査は、医療機関以外に性病検査キットを利用する方法もあります。

性病検査キットは通販などで購入し、自宅で気軽に検査を受けることができるためおすすめの検査方法です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ