尿道から白い膿が出る際の性病

尿道から白い膿が出た場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。

原因や症状、治療方法を紹介していきます。


1.尿道からの白い膿は性病のサイン

尿道から白い膿が出る場合、二つの性病の疑いがあります。

それはクラミジアと淋病です。

いずれも菌が亀頭の尿道から入り込み炎症を起こします。

尿道にできる炎症を尿道炎と呼び、稀に上記二種類以外の雑菌から発症することもありますが、白い膿がでる場合はいずれかの性病にかかっていると言ってほぼ間違いありません。

ただ、素人判断での治療などは危険なため、医療機関や性病検査キットを利用した検査を受ける必要があります。

以下、クラミジアと淋病について詳しく見ていきます。


2.クラミジア

クラミジア菌が入り込んで発症するもので、性交渉によって感染する場合がほとんどです。

この病気の怖いところは、男性の場合自覚症状がないケースが多いことで、約半数が感染に気づかないというデータがあります。

クラミジアが原因の尿道炎の場合、尿道から出る膿は透明から白っぽくサラサラした感じになります。

尿道から前立腺、膀胱を経て副睾丸炎という場所まで達してしまうことがあり、長期間放置してしまうと男性不妊の原因にもなってしまいます。

治療は基本的に難しくなく、抗生物質を含む飲み薬で行います。


3.淋病

淋菌という菌が原因で、性交渉により感染します。

排尿時に激しい痛みが伴うことが多く、クラミジアに比べれば気づきやすい性病です。

ただ必ず自覚症状が出るとは限らないため、やはり菌が尿道から副睾丸まで進行してしまうこともあります。

淋菌が原因の尿道炎の場合、クラミジアの白い膿に比べ、黄色みが強く粘度が高い膿が尿道から出ます。

淋病に効果がある薬の服用で治療を行うのが一般的ですが、最近ではこの薬に耐性を持った菌の流行が目立ってきているため、まずはコンドームを使った性交渉を心がけるなど、感染しない、させないように意識することが何より重要になっています。


4.複合する場合も

上記二つの菌が尿道から出る白い膿の原因です。

このクラミジアと淋病に同時にかかっていることもあり、その場合は複合的な治療が必要になります。

もちろんその場合、その他の性病にも一緒になってしまっていることも当然あり得ます。

治療のため、パートナーに感染させないため、何の性病にかかっているかの検査が必要です。

医療機関での検査が一般的なイメージですが、性病検査キットという便利なものが販売されています。

自宅で検査をすることが可能で、誰にも知られずに結果の確認まで行うことができます。

見てきたとおり、自覚症状がなくても性病に罹患しているケースもあるため定期的な検査を性病検査キットで行うのがおすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ