尿道から膿が出た時に疑うべき性病 | 性病検査キットランキング

尿道から膿が出た! あまりにも衝撃的な症状なので、ついもうだめかもしれないなんて思ってしまうかもしれませんが、実はそれ性病の一種かもしれません。

今回はこれらの症状が出たら疑わしい性病についてを簡単ですが説明いたします。


1.尿道から膿が出たらこの4種類が怪しい!

尿道から膿が出るといった症状が出る事で有名なのは、淋菌そしてクラミジアという性病ですが、実はマイコプラズマやウレアプラズマなどに感染しても、尿道炎や尿道から膿が出るといった症状があらわれたりするものなのです。

では疑わしい4つの性病についてをそれぞれ簡単に説明していきたいと思います。


1.尿道炎や膿の原因菌は?

尿道炎や尿道から膿が出る原因となっている性病の原因菌は淋菌とクラミジアという二つの菌なのです。

ちなみに淋菌が原因の尿道炎というのは尿道炎全体のおよそ40%で、それ以外の尿道炎は淋菌とは関係のない原因で起こるといわれています。

非淋菌性尿道炎の原因の50%がクラミジアが原因だといわれているのですが、実はその中にマイコプラズマとウレアプラズマといった菌が関係しているのです。ではそれぞれの原因で起こる症状をご紹介いたします。


2.淋菌が原因の尿道炎と尿道からの膿

淋菌を原因菌とする尿道炎は痛みを伴い尿道からの膿を出す事もありますが、中にはあまり自覚症状がないというケースもあるようです。

潜伏期間は1週間~5週間で、その後で発症して症状を出す事があるのです。淋菌は病院で検査をしてもわかりますし、検査の結果陰性だったら投薬治療を行いますが、検査を受ける時間がないという場合や、なかなか病院に行く勇気が出ないという場合には、性病検査キットを使って簡単に検査を受ける事ができます。


2.クラミジアが原因の尿道炎と尿道からの膿

クラミジアによる尿道炎や尿道からの膿が出る場合も、投薬治療を行う事で症状を改善していくのですが、病院で検査を受けて病院で薬を処方していただきます。

完全に治療ができない段階で不特定多数の人と性行為を行う事は避けた方がいいでしょう。感染を拡大するだけです。

ちなみに病院で検査を受けるのが難しいという場合には、こちらの性病も性病検査キットにて感染の有無を調べる事が可能になっています。


3.マイコプラズマ・ウレアプラズマによる尿道炎と尿道からの膿

クラミジアや淋菌と同じように尿道炎と尿道からの膿が症状としてあらわれます。

潜伏期間は1週間~5週間で症状が全くでないという人もいるので注意が必要になります。知らずに他の人へ感染させてしまっている可能性があるのです。

少しでもおかしいなと思ったら病院で検査をしてみるといいでしょう。ちなみにマイコプラズマやウレアプラズマについても、自宅で簡単に感染の有無を調べる事ができる、性病検査キットがありますので、匿名で検査を受ける事が可能です。

性病の感染を拡大しないためにも、定期的に性病検査キットを使って性病への感染の有無を調べながら人生を楽しむのも大人のたしなみといえるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ