尿道のかゆみを伴う性病とは? | 性病検査キットランキング

尿道にかゆみを伴う性病は何か? 疑われる病気をいくつかまとめてみました。つらく我慢しにくい症状なので、できるだけ早く治療をしたいものですね。

似たような症状のすべての病気をできるだけわかりやすく簡潔にお話ししています。


1.突然の尿道のかゆみ! もしかして性病?

場所が場所だけにかゆいからといってバリバリと掻くことは難しいですよね。尿道にかゆみがあると不快感があるし、ついもじもじとしてしまって変な人だと思われるのもつらいです。

でもおそらくその尿道のかゆみの原因を自分では気づいているのではないでしょうか。

もしかしたらあの時の性行為が原因で、何らかの性病に感染したのではないか? なんて思う人もいるのです。

でもまずは尿道にかゆみを伴う性病がどのくらいあるのかを知ってから検査、そして治療を受けた方がいいでしょう。


2.淋菌

まず尿道にかゆみを伴う性病の代表として淋菌があげられるでしょう。淋菌に感染すると尿道から膿が出たり尿道炎になってしまったり、尿道にかゆみが出る事もあります。

検査は病院でもできますが、最近は性病検査キットを利用して感染の有無を調べる人が増えているようです。時間短縮になりますし仕事など私生活に影響しないのもいいですね。


3.クラミジア

尿道炎をおこしたり尿道から膿が出るのも淋菌と同じです。さらに尿道のかゆみが出るのも特徴です。

全く自覚症状が出ないという人もいるようですが、それが感染を拡大する原因となっているので、できるだけ早く検査を受けて必要な治療を受けるようにしましょう。

検査については病院で受ける事もできますし、性病検査キットで検査を受ける人も増えているようです。


4.マイコプラズマ

マイコプラズマも淋菌やクラミジアと同じような症状が出ます。尿道炎や尿道からの膿、さらに尿道のかゆみや排尿痛などが中心となりますが、中には全く自覚症状がないという人もいるので、やはり感染拡大が予想される性病なのです。

できるだけ早く病院や性病検査キットなどを使って感染の有無を確認し、しっかりと治療を受けるといいでしょう。


5.ウレアプラズマ

マイコプラズマと同じような症状が出ます。検査を受けると淋菌やクラミジアが検出されない時に、ウレアプラズマが発見されることが多いです。

症状は尿道炎や尿道からの膿、尿道のかゆみと排尿痛です。もちろんこちらも全く自覚症状が出ない人もいるので、少しでもおかしいと思ったら病院や性病検査キットを使って感染の有無を調べるといいでしょう。


6.早めの検査と治療が感染拡大を防ぎます

いかがでしたか? 尿道のかゆみが出る性病といってもこれほどたくさんあるものなのですね。

自覚症状がないという方も多いようなので、知らずに感染させている可能性があるのが困ったところです。

パートナーだけなら二人で治療をすればいいのですが、不特定多数の方との性行為をしている人は要注意です。

できるだけ早い段階で検査を受けて完全に治療をしてから元の生活に戻るようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ