全身のかゆみを伴う性病とは? | 性病検査キットランキング

全身にかゆみを伴う性病というとどんなものを想像されるでしょうか。今回は気になる症状を持っている特定の病気についてをわかりやすく説明していきたいと思います。心当たりがあるという方はぜひじっくりとご覧ください。


1.全身にかゆみがあるのはどんな性病?

できれば一生性病などとはかかわりを持ちたくないものですが、男性の場合でも女性の場合でもまさか自分が性病に感染してしまうなどとは夢にも思わないものですよね。例えば全身にかゆみを伴う性病といったらどんなものがあるのでしょうか?

まず疑わしい性病は全身にかゆみを伴うというと限られてくるものなので、それほどどれだろう? などと悩まなくてもいいかもしれません。

という事で今回は一部にかゆみを感じるというタイプの性病は別にして考えます。

まず全身にかゆみを伴う症状が出る代表的なものといったら梅毒やHIVといった性病を疑う事ができるでしょう。

もちろんHIVで全身にかゆみが出るというのは発症してほかの感染症が出ている可能性があるので、除外する事にすると残されたのは梅毒という事になるでしょう。


2.梅毒ってどんな病気なの?

梅毒は過去の吉原の遊郭などで働いている女性が発症して命を落としてしまった、などという話をよく耳にしますが、梅毒はペニシリン系の抗生物質を投与すれば治る病気ですが、昔の時代はペニシリンなんてものがないので、梅毒が神経にまわってしまい命を落としてしまうこともあったのです。

でも現在では早期発見が難しくても、比較的早い段階で発見する事ができる病気なので、ペニシリン系の抗生物質の投与をしながら治療を行っていきます。

完治ができる病気なので早めの検査と治療を始めることができるように病院へ行きましょう。


3.梅毒の症状はどんなの?

梅毒になってしまうと正規周辺に小さな小豆くらいの大きさのしこりができるのですが、それに気付ければすぐに病院で検査を受けて治療を始める事ができます。

ですがこのしこりはしばらくすると消えてしまうので、治ったと思い込んでしまうこともあるのです。決して珍しい事ではありません。

問題は次の段階です。次の段階では全身に小豆くらいの大きさのしこりができてくるのです。このとき全身にかゆみや痛みなどを感じる方が多くなるわけです。この段階でほとんどの人が気づくので、検査を受けて治療を始めることになるわけです。

できるだけ早い段階で発見して治療を開始すれば完治する病気です。

治療後は再び感染しないようにするためにも、不特定多数の方との性交渉は控える事と、どうしても不特定多数の方との性交渉をしなくてはならない時には、感染を防ぐために予防策を練る必要があるでしょう。


4.検査は検査キットで簡単にわかります!

病院で梅毒の検査をした方がいいのはわかっていても、面と向かって梅毒の検査をしたいとは言いにくい事もあるでしょう。

そういう場合はどうすればいいのかというと、自分でできる性病検査キットなどがありますので、性病検査キットを利用してみてもいいでしょう。

性病検査キットはインターネットで簡単に手に入れることが可能です。

自分で血液を採取してそれを検査機関などに送って検査をしてもらいます。匿名でできるし手ごろな価格でできるので、まずは性病検査キットで梅毒などの性病の検査をしてみてもいいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ