恐怖の性病「梅毒」の初期症状とは? | 性病検査キットランキング

性病の中でも静かに怖いといわれているのが梅毒という性病ではないでしょうか。いったいどんな初期症状があるのか?

早く発見して治療をするためにはどうすればいいのかなどを、できるだけわかりやすく説明いたしますので、参考になれば幸いです。


1.もっとも恐ろしい性病 梅毒とは?

性病というと梅毒というイメージがある方も多いでしょうが、梅毒という性病がどんな病気なのかをまずは知らなくてはなりません。

梅毒についてをしっかりと知ればやたらと怖がる必要もありませんし、しっかりと治療もできるとわかる事でしょう。

簡単に説明すると梅毒という性病は、トレポネーマという病原菌が血液の中に入り込んでしまったために発症する病気です。

トレポネーマという病原菌を死滅させることができれば梅毒という病気はそれほど怖がる病気ではないのです。

トレポネーマという病原菌を死滅させるために使うのがペニシリン系の抗生物質ですが、昔梅毒が流行した時代にはペニシリンなどの抗生物質がなかったために、恐怖の性病などと言われていたのです。では気になる初期症状についてを簡単に説明していきましょう。


2.梅毒の初期症状はどんなものなの?

まず梅毒に感染すると3週間~3か月未満くらいで発症するといわれています。個人差が多少ありますが初期症状の出方はどなたも同じです。

まず足の付け根のリンパ節が腫れて痛みを感じます。性器周辺に小豆くらいの大きさのしこりができます。このしこりは軟骨くらいの硬さがあるといわれているので、意外と弾力のあるしこりである事がわかります。

このしこりは痛みを感じない事も多いのと、2週間~4週間くらいですっきりと治ってしまうため、あのしこりは何だったのか? と思っても性病だと疑う人は多くはないかもしれません。

でも身に覚えがある人ばかりだと思うので、早い段階でおかしいとは思っているかもしれませんね。

これらの初期症状が出たら梅毒の可能性があるので、性病検査キットなどを使って調べてもらうといいかもしれません。

なぜならば梅毒などの性病というのは、早めに発見することができれば早く治療をする事ができるので、それだけ不快感を軽減させることができるようになるからです。

そのためにも「もしかしたら」という人は、匿名で検査を受けることができる性病検査キットを利用してみるといいでしょう。

性病検査キットは匿名で受ける事も可能です。それに梅毒の検査だったら8000円ちょっとで受けることが可能です。

もしも性病検査キットじゃなくて病院に行くとすれば、男性ならば泌尿器科や皮膚科、そして性病科などに行って検査を受けてみるといいかもしれません。

女性ならば皮膚科や性病科そして婦人科に行って検査を受けるといいでしょう。夫婦の場合には二人で性病科に行ってみるというのもいいかもしれません。

どちらにしても早め早めに治療を受けた方がいいですね。一緒に暮らしていれば感染してしまうのは確実ですので、できるだけ自分に感染の疑いがある場合には二人で検査と治療を受けるといいですね。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ