のどに出る性病の症状と病名

性病のイメージは一般的に性器に出るというものですが、実はのどに症状が出る場合があります。

重大な病気の可能性もあるため、見逃すことは出来ません。


1.性病の症状がのどに出る場合もある

のどは湿り気があるため、細菌が感染したり繁殖をしやすい器官です。

性病を引き起こす菌やウィルスが入り込んだり、また陰部から感染した性病の症状として、のどに異常が出る場合があります。

どのような病気があるのか見ていきましょう。


2.クラミジアと淋病

いずれもそれぞれクラミジア菌、淋菌という菌により感染します。

パートナーの性器に感染している菌が、オーラルセックスなどで口にうつり、のどに感染して発症します。

症状はのど腫れや痛み、発熱などで風邪や扁桃炎の症状と非常によく似ているため、病院でも気づかれない場合があります。

また、感染しても症状が出ない場合もあります。

風邪の他の症状がないにも関わらず、のどだけ異常がある場合、また症状がない場合でもパートナーへの感染を防ぐために性病検査キットなどを利用した定期的な検査がおすすめです。


3.梅毒

梅毒の初期症状として、のどに異常が出る場合があります。

梅毒は段階的に症状を変えながら進行する病気で、ペニシリンの発明前は不治の病として恐れられてきました。

その第一期の段階で出るのが米粒大のしこりです。

全身に出る可能性があり、のども例外ではありません。

その後、そのしこりが消えてしまいますが、治癒したということではなく菌が潜伏した状態で、その後時間とともに症状が進行していきます。

第四期と言われる状態まで進行してしまうと、命に関わる状態になります。

梅毒は近年爆発的な流行を見せているとも言われているため、過去の病気として見過ごすことは全くできません。


4.HIV感染症

HIV感染症の初期症状としてものどの異常が出ます。

HIVは血液や精液、膣液などを介して感染し、体の抵抗力の不全を引き起こします。

感染後の初期症状として、喉の痛みや咳は典型的です。

抵抗力が低くなる状態なので、全身に症状が出る可能性があり、他に倦怠感や体に赤い発疹ができるなど無数の症状を引き起こします。

疲れや風邪ではないかと軽く捉えられ、放置してしまうと進行してしまい、エイズが発症してしまう恐れがあります。

現在では、HIV感染症の状態であれば投薬などにより発症を長期間遅らせる事が可能になっていますので、早期発見がなにより重要です。


5.おかしいなと思ったら必ず検査を

のどの異常は風邪かな、と済ませてしまいがちですが、以上のような性病の可能性があります。

命にかかわったり、一生付き合うことになる性病に罹患していることも考えられるため、安易に放置することは禁物です。

性交渉ではコンドームを使用するなど感染を防ぐのは当然ですが、性病の疑いがある場合は、またそうでなくても定期的に性病検査を受け、感染してもすぐに対処できるようにすることが重要です。

検査には性病検査キットがおすすめです。

医療機関に出向かなくても自宅で検査ができ、検査結果の確認も郵送やオンラインで可能なため、非常に手軽です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ