ペニスの病気にはどんな症状があるの?

ペニスの病気は男性にとって一大事です。

どのような原因や症状があるのか、代表的な物を見ていきましょう。


1.ペニスの病気の症状は様々

ペニスの病気と一言で言っても、種類や症状は実にたくさんあります。

症状ごとに今回は大まかに分けていきますが、やはり性交渉によって感染する、いわゆる性病が多くを占めています。

性病の中で自然治癒をする可能性があるものは稀で、ほとんどが病院での治療を必要とするものです。

少しでも感染が疑われる場合は、病院や性病検査キットでの検査をきちんと受けて治療を開始することが重要です。


2.尿道に症状が出るもの

ペニスの病気では、尿道に症状が現れるものが一番多いと言っても過言ではありません。

尿や精液を出す穴である尿道は、逆に言えば最近やウィルスが最も入って来やすい部分とも言うことができます。

原因となる菌やウィルスは様々ですが、尿道に感染して発症する炎症を総じて尿道炎と呼びます。

原因によって症状に若干の違いがありますが、基本な尿道炎の症状は尿道の違和感、排尿時の痛み、尿道から膿が出ること、ということができます。

この尿道炎を引き起こす代表的な病気は、淋病とクラミジアです。

その他、マイコプラズマやウレアプラズマ、トリコモナスといった性病に感染した場合も尿道炎になる可能性があります。


3.赤くなったりできものができるもの

ペニスが炎症を起こして赤くなったり、できものができる症状もあります。

赤くなる場合は亀頭包皮炎の可能性があり、原因は細菌やカンジダ菌です。

性交渉を持たなくても発症するもので、湿度や温度が高い下着の中で菌が大量に繁殖することで炎症を起こします。

程度が軽ければ自然治癒する場合もあります。

ペニスにできものができた場合は、かなり多くの病気が考えられます。

赤みがあるものだと、プツプツが大きく成長して鶏のトサカ状になる尖圭コンジローマ、カンジダ菌の繁殖、また昔はほとんどの人が死に至る病気だった梅毒の可能性もあります。

白みが強いものだと、水ぶくれが破裂してただれる性器ヘルペスや、水いぼなどが考えられます。


4.検査と治療が第一

以上、本当に代表的なものだけを見てきても、いくつも病気の名前が出てきました。

今回はペニスに現れるものに限定しましたが、陰嚢や全身にまで現れる症状を持つ性病がたくさんあります。

素人考えで判断したり、市販薬の塗布で済ませるのは危険であるため、少しでも違和感がある場合は検査をして、適切な治療をすることが必要です。

現在は病院での検査以外に、性病検査キットという物で自宅にいながら検査をして、結果の確認までネットなどで行う事が可能です。

気軽に受けることができるのが特徴ですので、病院に抵抗がある方は性病検査キットでの検査がおすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ