皮膚に現れる性病の症状とは?

性病が原因で、皮膚に何かしらの症状が出る場合があります。

どんな性病が疑われるのでしょうか。


1.性病が引き起こす皮膚の症状は多数ある

性病というと、陰部になにかしらの症状が起こるイメージがありますが、あくまでそれは症状の一部にしか過ぎません。

陰部以外にも、全身の皮膚に性病の症状としての異常が出る場合があります。

命に重大な危険をもたらす病気もあるため、覚えがある場合は特に医療機関や性病検査キットなどでの検査が必要です。

今回は、大まかな体の場所別に症状を見ていきます。


2.陰部の皮膚の異常

陰部の皮膚に異常を引き起こす主な性病は、以下のようなものです。


1.性器ヘルペス

ヘルペスウィルスが感染して引き起こします。

赤くて小さい水ぶくれのようなものができて潰れ、ただれた状態になり、ヒリヒリ、ピリピリとした痛みが伴います。

初めて感染した時に症状がひどくなる可能性が高いのと、一度治まっても何度も何度も繰り返し発症してしまうのが特徴です。

性器以外にも、口にヘルペスができることがあり、口唇や口の中、舌にも同じような症状が現れます。


2.尖圭コンジローマ

性器の皮膚に感染し、最初は赤や肌色の数ミリのぷつぷつが皮膚にでき、徐々に広がっていきます。

大きくなると、鶏のトサカ状やカリフラワー状と形容されるような形になります。


3.いんきんたむし

白癬菌というカビの一種が感染して、かきむしるほどの痒みを引き起こします。

足の付け根部分で繁殖することが多く、感染している部分が白く地図上の斑点のような状態になったり、赤くなったりします。

ちなみに白癬菌が足に感染したものを水虫といい、場所が異なるだけで症状等は基本的に同じです。


4.カンジダ

カンジダ菌は常在菌といって人の体の中に常にいる菌のため、正確には性病とは言えませんが、特徴的な症状があるため紹介します。

免疫力の低下などが原因で、性器でカンジダ菌が異常繁殖することがあり、白い垢のようだったりヨーグルト状だったりするものができます。

カンジダ菌に感染していると、他の性病にもかかりやすくなるため、性病と同じように治療をすることが望ましいです。


3.全身の皮膚の異常

全身の皮膚に異常がでる場合があり、梅毒とHIVが疑われます。

まずは梅毒です。

梅毒に感染すると数年かけて、第一期から第四期まで症状が進行していきます。

ペニシリンにより簡単に治療ができるため、最近では第三期以降になる人はほとんどいませんが、梅毒の初期症状を訴える人が急増しているという調査もあるため、症状を知っておくことが必要です。

梅毒の第一期の症状は皮膚にできるしこりで、全身にできる可能性があり、すぐに消えてしまいます。

潜伏期間を経て発症する第二期では、バラ疹と呼ばれる赤い発疹が全身の皮膚に出ます。

次にHIV感染症です。

HIVの初期症状として、皮膚に赤い発疹が出る場合があります。

HIV感染症の初期症状は非常に多岐に渡るため、これだけで判断することはできませんが、熱が長引いたり、下痢や倦怠感が同時に出ている場合はHIV感染の可能性があるため早急に検査が必要です。


4.検査と適切な治療を

以上、皮膚に起こる代表的な性病の症状を見てきました。

体にできた発疹の原因が性病と考えることはなかなか難しい場合もあるため、常日頃から性病を予防することと、定期的に性病検査を受ける重要性を理解することが重要です。

医療機関に限らず、性病検査キットというもので性病検査は可能です。

性病検査キットは自宅で誰にも知られずに検査ができるため、手軽で人気が高まっています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ