ペニスが赤いときの代表的な症状と疑われる病気

男性のデリケートな部分であるペニスが赤いのに気づいた場合、とても心配になります。

病院への受診や性病検査キットを利用した検査をオススメしますが、代表的な症状と原因・対策について説明します。


1.ペニスが赤い場合は亀頭包皮炎の可能性が高い

ペニスが赤い場合やただれを起こしている場合、また、痛痒さを感じる場合は亀頭包皮炎の可能性が最も高いと言えます。

亀頭包皮炎とは亀頭から包皮の部分にかけておこる炎症です。

原因は後述の二種類の菌で、いずれか、もしくは両方に感染することで発症します。

性交渉の経験がなくても感染する可能性が十分にありますし、年齢も関係がないため子供でも発症することがあります。

亀頭包皮炎は症状が軽ければ自然治癒することもありますが、放置すると悪化することも多く、その場合医療機関での治療が必要です。

また、包茎の状態はペニスが蒸れやすく菌が繁殖しやすいため、亀頭包皮炎を発症しやすい上に、亀頭が常に湿った状態になるため自然治癒が難しい可能性が高くなります。

以上が亀頭包皮炎の特徴ですが、大きく2つの原因があり、それぞれ症状と対処法が異なります。


2.細菌?カンジダ菌?

亀頭包皮炎の原因の一つ目は細菌です。

細菌性の亀頭包皮炎の症状は、ペニスの赤み、痛痒さ、ただれやぶつぶつ、ペニスの先から膿が出るなどです。

自慰行為や、性交渉の際にペニスの小さい傷から細菌が侵入することにより発症し、主に抗生物質を含む薬物を用いて治療を行います。

二つ目はカンジダ菌です。

症状としてペニスが赤い状態になるというのは細菌が原因のものと共通ですが、細菌性に比べて痒みがつよく亀頭の皮が白く薄くむけたり、白っぽい湿った垢が出るなどが特徴です。

カンジタ菌とはカビの一種で、女性の膣の中にも存在しており、性交渉の際に女性から男性に感染する場合がありますが、性交渉によりカンジダ菌から発症しても、性感染症いわゆる性病とは言いません。

治療は主に、抗真菌薬を含む薬物を用います。

一口に亀頭包皮炎と言っても、上記のように原因が異なるため、細菌性の亀頭包皮炎に抗真菌薬を使ったり、逆にカンジダ菌が原因なのに抗生物質を使って治そうとしても意味がありません。

医療機関では、原因をはっきりと特定できない場合は二種類の薬を混ぜて治療を行うこともあります。


3.亀頭包皮炎にならないためには?なったときには?

亀頭包皮炎にならないためには、まずペニスを常に清潔にする、そして乾燥状態をできるだけ保つことが重要です。

清潔で通気性の良い下着を身につけること、きちんと洗うことが何よりの対策になります。

また、軽い亀頭包皮炎にかかっている場合は洗いすぎるのもよくありません。

特にカンジダ菌は通常の石鹸などでは落とすことができず、無理に石鹸で洗いすぎると悪化してしまうため、ペニスを洗う際はお湯でサッと洗う程度にします。

自然に治るだろうと放置しておくのも禁物です。

症状が改善しないようであれば早めに医療機関への受診をしなければ、治るまでかなりの時間がかかったり、性交渉をするたびに感染してしまうようになったり、最悪の場合は尿道炎や、陰茎ガンにまで発展することもあります。


4.その他の性感染症の可能性も

ペニスが赤いときに考えられるは、亀頭包皮炎の可能性が高いといえますが、必ずしもそうだと断言できるわけではありません。

淋病や性器ヘルペスなど重大な性感染症の場合も尿道や亀頭が赤く腫れたりする場合もあり、素人の判断は危険と言えます。

医療機関へ忙しくて行くことができない、恥ずかしいという方は、まず自宅で誰にも知られずに簡単に性病検査ができる性病検査キットを利用してみるのがオススメです。

検体を自分で取り、医療機関へ送ることで検査することが可能で、手間も時間もかからないため非常に手軽です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ