ペニスのかぶれの原因と対処法

ペニスが赤くかぶれていると、性病なのではないかと心配になります。

性病検査キットなどによる検査の前に、原因と対処法を解説していきますので、参考にしてください。


1.ペニスのかぶれを亀頭包皮炎と呼ぶ

ペニスにかぶれの症状だけが出ている場合は、性感染症いわゆる性病である可能性は低いです。

かぶれ、いわゆる炎症の中でも特にペニスの炎症を亀頭包皮炎と呼びます。

亀頭にできる場合を亀頭炎、包皮にできる場合を包皮炎といいますが、まとめて亀頭包皮炎と言われることが多いです。


2.二つの原因

亀頭包皮炎の原因は大きく二つあります。

一つは細菌が原因になるものです。ペニスにできた、目に見えないような小さい傷から細菌が入り込んでかぶれを引き起こします。

二つ目はカンジダ菌が原因のものです。小さい傷から入り込むのは細菌の場合と同じです。

いずれも同じようなかぶれの症状を引き起こしますが、かぶれ以外の症状が若干異なっています。

細菌性の場合は、尿道から透明の膿が出て、痛痒い感じが特徴です。

対してカンジダ菌の場合は、亀頭の周りに白くて皮が剥けたような垢が出ることがあり、痒みが強く出ることが特徴です。

いずれも性交渉をしなくても発症する可能性があるため、いわゆる性病ではありません。


3.治療

症状が軽い場合は、自然治癒する場合もありますが、治らないまま長期間放置をすると悪化したり、治療が長引いたりすることもあるため、あまりおすすめできません。

細菌性の亀頭包皮炎は抗生物質で治療をし、カンジダ菌性のものは抗真菌薬で治療をします。

それぞれ逆の治療法では全く効き目がなく、両方同時に感染していることもあるため、どちらが原因かがはっきりとしない場合は、両方の薬を混ぜて使用することもあります。

基本的には医療機関での治療となりますが、カンジダ菌専用の塗り薬がネット通販などにもあります。

ただ、正確な原因の特定は病院や性病検査キットでないと難しいのが実情です。


4.亀頭包皮炎を防ぐには

亀頭包皮炎は普段の注意で防ぐことが可能です。

まず何よりもペニスを清潔に保つことが必要です。

また、ペニスを乾燥状態にすることも大切になります。

逆に言うとペニスが通常では露呈していない包茎の人は、亀頭包皮炎にかかりやすく、治りづらいと言うことができます。

上記の方法で、予防だけではなく、程度の軽い亀頭包皮炎であれば自然治癒も望めます。

ただ、清潔さを保つためにゴシゴシとペニスを洗うのはNGです。

特にカンジダ菌は普通の石鹸では落ちません。

強く洗ったり長時間洗ったりすると、かえってペニスを痛めることになり、そこから細菌が入ることによって、亀頭包皮炎になってしまったり、すでになっている場合は悪化してしまう可能性があります。


5.性病の可能性もあるため検査を!

ペニスがかぶれている場合は性病の可能性は低いですが、治らずに長期間続くようであれば医療機関への受診が必要です。

また、性病の潜伏期間や初期症状である可能性もありますので、違和感を感じた場合は検査が必要です。

医療機関での検査以外に、性病検査キットというものを利用した検査が可能です。

性病検査キットを利用すると、自宅で匿名で検査をすることができます。

結果の確認も病院に行く必要はありませんので、非常に手軽な方法です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ