ちんこにしこりが出来た時に疑うべき性病とは? | 性病検査キットランキング

もしも突然ちんこにしこりが見つかったら驚きです。ですがそれよりもその病気が何かの方が気になりますよね。

身に覚えがある人ならすぐに性病を疑う事でしょう。今回はこれらの症状が出る疑いのある性病についてを、わかりやすく説明していきます。


1.ちんこにしこり! もしかして病気?

しこりができた場所がちんこなので想像する病気は性病だと思うのですが、確かにちんこにしこりができるという性病はあります。

ですがもしかしたら最も感染したくない性病の一つかもしれません。

その性病の名前は梅毒です。梅毒というと不治の病で感染したらあとは精神をやられてしまうというイメージがあるかもしれませんね。

でもそれは昔はペニシリンなどの抗生物質がなかったから治療ができない病気だったのです。

最近ではペニシリン系の薬でしっかりと治療をすることができるようになりました。


2.梅毒ってどんな病気なの?

梅毒は梅毒トレポネーマに感染する事によって症状があらわれます。

ちんこにしこりができるのも特徴の一つですが、しこりは痛みを感じないものなので、最初は何だろう? と不安になっても病気の可能性を疑わない人も多いといいます。

というのも症状が出ても少しするとその症状はなくなってしまうからです。

ところが感染から3か月くらい経過した時に、再びちんこにしこりが出てきたり別の症状が出てきたりするのです。

ほとんどの人はこの段階で気づき病院で検査を受けて治療を受ける事になるのです。

この時期を逃してしまうと完治が難しくなってしまうので、できるだけ早い段階で検査を受けて治療を受けるようにしましょう。


3.梅毒は早めに検査を受ける方がいい理由

梅毒というと単なる性病だと思われてしまうかもしれませんが、実は最近の研究によって梅毒に感染している人の多くに、同時にHIVに感染している人が増えてきているからです。特

に2000年以降は梅毒とHIVを併発しているケースが増加しているため、性病に感染しないような予防を呼びかけるようになったというわけなのです。

梅毒の検査はどうすればいいのかというと、まずは病院で検査を受けるというのが一つですが、病院でも梅毒単体で検査をするよりも複数の性病を同時に検査する事を進める病院が増えてきています。

それもこれもHIVを併発している可能性があるからですね。


4.匿名は厳しいので性病検査キットがおすすめ

梅毒の検査もHIVの検査も病院で検査を受けると匿名ではなく実名で検査を受ける事になります。

だから最近は性病検査キットが人気なのです。性病検査キットは匿名で検査を受ける事はもちろんですが、わざわざ面と向かって検査の結果を聞くという事もありません。

インターネット上で感染の有無を確認する事ができるのです。感染がわかれば病院に行って検査結果を見せて治療を始める事ができるというわけですね。

もしもHIVと併発していた場合にはHIVが発症しないような治療が行われます。

今後は性病を広めないためにも性行為をする場合には完全に予防をしながら性行為をするようにしなくてはならないでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ