ペニスに炎症が!考えられる病気や症状

ペニスに炎症が起こるのはどんな場合なのでしょうか。

デリケートな部分のため、簡単に人には相談しづらい方がほとんどだと思います。

詳しく見ていきましょう。


1.ペニスの炎症の原因は様々

ペニスに炎症を起こす原因は数多くあります。

また、炎症を起こしている部分が皮の部分なのか、尿道なのかによっても考えられる病気やその原因が異なります。

代表的なものを紹介していきますが、全てに当てはまるというわけではなく、重大な性病の初期症状の可能性がありますので、たとえば治りが悪かったり重症化するようであれば、性病検査キットなどで検査を受けましょう。


2.皮に炎症を起こしている場合

ペニスの皮の部分に炎症を起こしている場合に考えられるのは、亀頭包皮炎という症状です。

亀頭包皮炎は、必ずしも性交渉をしていない場合でも発症します。

原因は大きく二つで、一般的な細菌とカンジダ菌という菌です。

いずれも常在菌といって身の回りに存在している菌ですが、激しい性交渉や自慰行為などでペニスが傷ついた場合、菌がその傷から入り込み、繁殖することで発症します。

症状は菌の種類での大きな違いはなく、ペニスの赤みや痛痒さ、炎症によるただれや、斑点のようなぶつぶつ、ペニスの先から膿が出るなどです。

カンジダの方が若干痒みが強く、白い垢のようなカスが出やすいと言われています。

亀頭包皮炎は自然治癒する場合も多いですが、重症化している場合は病院で塗り薬を処方してもらうのが一般的です。

細菌性の亀頭包皮炎とカンジダ性の亀頭包皮炎では、原因の菌が異なるため処方される薬も異なります。

また、複合して発症している場合や見分けがつかない場合は両方の薬を混ぜて処方されることもあります。


3.尿道に炎症が起きている場合

尿道に炎症が起きている場合の症状を総じて尿道炎と呼びます。

主な症状は残尿感や頻尿、排尿時の違和感、尿道が赤みを帯びる等で、尿道から膿が出る場合もあります。

クラミジア菌が原因のクラミジアと淋菌が原因の淋病の可能性が高く、次いで
マイコプラズマやウレアプラズマという菌の感染等が考えられます。

いずれも基本的には性交渉によって感染する、いわゆる性病です。

クラミジアの場合は症状が出ないことも多いですが、症状が出る場合は透明の膿が出るという場合が多いです。

淋病については灼けるようとも表現されるような痛みを伴う事がほとんどで、膿が黄色っぽく、クラミジアに比べると量も多く分泌されます。

上記の亀頭包皮炎とは違い、自然治癒することはほとんどないと考えられていますので、基本的には病院での治療が必要です。

クラミジアやマイコプラズマ、ウレアプラズマについては抗生物質の内服、淋病は注射や点滴で治療するのが一般的です。

また自覚がないまま不妊の原因となってしまうこともあるため、症状が無くても定期的な検査が望まれます。


4.きちんと治療をして安心できる生活を

以上、ペニスに炎症が起こる際に考えられる病気や症状を見てきました。

亀頭包皮炎については自然治癒する場合もありますが、尿道炎を引き起こす菌は基本的に性交渉で感染するもので治療が必要になります。

症状が改善しない場合や重症化する場合、また症状がない場合でもある程度の期間ごとに性病検査キットや病院での検査を受け、感染が判明した場合は早急に病院で治療を受ける必要があります。

特に性病検査キットについては、自宅で簡単に性病検査を受けることができるため、人気が高まっています。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ