ちんこが痛い!ペニスの病気や症状まとめ

ちんこが痛い!性病では?と不安な方必見!

男性のペニス、いわゆるちんこが痛い場合に考えられる病気や症状を紹介していきます。


1.ちんこが痛い場合に考えられる病気

ちんこが痛いと一言で言っても、部分によって考えられる病気等はかなり変わってきます。

色々な可能性が考えられますが、今回は性感染症の場合を主に解説します。

性感染症、いわゆる性病はパートナーに感染させてしまう可能性もあるため、性病検査キットなどでしっかり検査を受けて治療することが必要です。

また、性感染症でなくても性不全になってしまう可能性がある病気もありますので、きちんと診断を受けることが重要です。


2.性感染症

性器に痛みを感じる可能性のある性感染症はかなりたくさんあります。

体の異変は痛みとして現ることが多いのである意味当然ではありますが、実は症状が出ない場合も多いため、痛くないから大丈夫というわけではありません。

痛みを引き起こしやすい性感染症は、淋病やクラミジア、ヘルペス、梅毒などがあります。

淋病とクラミジアは症状が似ています。

いずれも原因となる菌が尿道から入り込んで炎症を起こします。

その際には、尿道から膿が出たり排尿時に痛みを感じたりします。

特に淋病は灼熱感を感じると形容されるような痛みが伴うことが多いです。

また尿道から膀胱や副睾丸まで菌が達することもあり、猛烈な痛みを引き起こす場合があります。

治療は内服薬や、点滴によって行います。

ヘルペスはヘルペスウィルスへの感染で発症します。

ペニスに水ぶくれができ、すぐに潰れることによって潰瘍化します。

完治するのは非常に難しく、再発率が高いことが特徴で、初回の感染時に重症化することが多いです。

続いて梅毒は、不治の病と言われていた時期もある恐ろしい性感染症です。

感染してから体中を菌が潜伏しながら数年にかけて悪化していきます。

第1期から第4期まであり、それぞれ症状が違いますが、第2期と呼ばれる時期に水疱ができて痛みを伴います。

ペニシリンの発明で治るのは簡単になりましたが、感染に気づかない若年層が増えているというデータもあるので、注意が必要です。


3.その他の病気とまとめ

性感染症以外にペニスが痛むことのある可能性としては、亀頭や包皮が炎症を起こす亀頭包皮炎や、包茎の一種であるカントン包茎、ペニスが曲がってしまうペイロニー病などがあります。

また、陰茎がんに罹患した場合も痛みを感じることがあります。

以上ちんこが痛い場合の病気や症状を見てきました。

ほとんどが自然治癒は望めない病気です、痛みなどの異常を感じた場合は病院や性病検査キットで検査を受診し、適切な治療を受けることが重要です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ