ペニスの痛みの原因

ペニスに痛みがある場合の原因は、非常に多く考えられます。

大きく感染症とそれ以外に分けることが可能で、いずれの場合も早急な治療が必要なものが多いため、簡単に考えてはいけません。


1.感染症を原因とするもの

痛みのある部位や、その他の症状などから分類することができます。

しかし、自分で完璧に判断することは難しいため、性病検査キットなどによる検査の後に適切な治療を受けることが必要です。

以下がペニスの痛みを引き起こす代表的な感染症です。


1.クラミジア

男性罹患者の5割が無症状と言われていますが、症状が出る場合は尿道の痛みや排尿時の違和感が特徴です。

同時に尿道から透明な膿が出る場合があります。


2.淋病

排尿時に尿道に強い痛みが走り、黄色く粘り気がある膿が尿道から出ます。

放置すると、尿道から精巣まで菌が達してペニスが腫れ上がり、歩行できなくなることもあります。

無精子症の原因にもなりますので、早期に見つけることが重要です。


3.性器ヘルペス

ペニスに水ぶくれができて破裂し、ただれて痛みます。

また、リンパ節が腫れて、38度以上の高熱を出すことがあります。

医療機関での治療を行っても、免疫力が低下した際に再発してしまうことが非常に多いのが特徴です。


4.亀頭包皮炎

細菌が原因のものと、カンジダ菌が原因のものの二種類があります。

亀頭や包皮が炎症を起こし、痒みや痛みが現れます。

必ずしも性交渉が原因ではなく、ペニスの小さい傷から菌が入り込んで発症します。


2.感染症以外を原因とするもの

性感染症、いわゆる性病でなくてもペニスの痛みが出る場合があります。

以下のような病気や症状が考えられます。


1.外傷性

いわゆる傷です。

ペニスが切れてしまう場合だけではなく、激しい自慰や性交渉による擦れ、打撲が原因の場合も含まれます。

また、ペニスの手術などを受けたときに尿道が傷つくような場合もあるため、何らかの手術の後に痛みが治まらない場合は元の症状を取り除けなかったということでなく、外傷性の痛みであることも疑う必要があります。


2.ペロニー病

硬いシコリができて、ペニスが湾曲します。

生まれつきのものではなく、30代以降に発症するのが一般的です。

勃起をした時に痛みを伴うため、性交渉が難しくなる性交障害が起こります。

シコリ自体は良性ですが、陰茎ガンのシコリとの見分けがつきづらいことがあるため、医療機関にて検査が必要です。

薬での治療が一般的ですが、外科手術を行う場合もあります。


3.持続勃起症

性的興奮が無いにも関わらず、痛みを伴うペニスの勃起が長時間続きます。

血液が大量に陰茎内に流入する場合、ペニスの静脈がふさがっている場合のいずれかが原因とされます。

4時間以上治まらない場合は、将来勃起障害を来すことがあるため早急な治療が必要です。


4.陰茎ガン

稀ではあるものの、陰茎ガンがペニスの痛みの原因のこともあります。

50歳以上の男性に発生することが多く、当然ながら医療機関での治療が必要です。


3.ペニスの痛みには必ず検査を!

ペニスに痛みがある場合にどんな原因が考えられるかを見てきましたが、性感染症の場合もそうでない場合も、必ず検査をして適切に治していく必要があります。

性感染症が疑われる場合、詮索されたりするのではないかと医療機関で検査をするのに不安を覚えることがあります。

そのような場合は性病検査キットがおすすめです。

自宅で誰にも知られず検査をすることが可能で、匿名性も確保されます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ