マイコプラズマ肺炎の初期症状 | 性病検査キットランキング

マイコプラズマ肺炎に感染してしまったらどんな症状があらわれるものなのでしょうか?

中でも初期症状はどんなものがあるのかを知りたいですよね。それがわかれば簡単に早めの治療ができるかもしれません! でもそんなに簡単ではないのです。


1.4年に1度流行するマイコプラズマ肺炎は怖い病気

オリンピック熱とか言われているのがマイコプラズマ肺炎ですが、マイコプラズマ肺炎というと毎年多くのお年寄りや小さなお子さんが命を落としているようですが、たかが肺炎だと思っていると恐ろしい合併症を併発して、命を落とさないとしてもかなり大変な経験をする事になるかもしれません。

じつはマイコプラズマ肺炎というのは合併症を引き起こしやすい病気で、中耳炎や副鼻腔炎や髄膜炎や脳炎に肝炎に膵炎、心筋炎に関節炎、多形紅斑、溶血性貧血などの合併症を引き起こす人もいる恐ろしい病気なのです。

なるべく早い段階で感染の有無を調べて、できるだけ早い段階で治療を始めたいと思うものなのですが、実はマイコプラズマ肺炎は初期症状でははっきりと診断ができないものなのです。


2.マイコプラズマ肺炎の初期症状

どうして初期症状だけではマイコプラズマ肺炎であると診断する事ができないのかというと、実はマイコプラズマ肺炎の初期症状というのは、風邪などの症状とほとんど違いはありません。

咳、くしゃみ、鼻水、熱、倦怠感、乾いた咳、吐き気、嘔吐、下痢などが初期症状としてあげられるものですが、どの症状も風邪やインフルエンザと変わらない症状ですよね。

なので医師も風邪かもしれない、インフルエンザかもしれないという診断をしてしまいやすいのです。


3.マイコプラズマ肺炎を早く見つけるには?

病院でマイコプラズマ肺炎の検査をしたいとはっきりといえば検査をしてくれるでしょう。

ですが医師が風邪ですといっているのにマイコプラズマ肺炎の検査をお願いするというのも何だか申し訳ありませんよね。

そこでおすすめなのがマイコプラズマ抗原の検査キットです。匿名でも実名でも検査を受ける事ができます。

販売しているのは性病検査キットなどを販売している検査機関です。

もちろんすべての性病検査キットの販売サイトで手に入るという事ではありませんが、複数の性病検査キットの販売サイトでマイコプラズマに感染しているかどうかの有無を調べる検査キットを販売しています。

病院で検査をしてもらえなかったとしても、早めにマイコプラズマに感染しているかどうかを判断することができるので、検査の結果が陽性だった場合には病院に検査結果を持っていって、早めに治療を始める事ができるはずです。

ちなみに免疫力が弱い人も感染しますが、最近では意外な事に健康な大人が感染する事が多くなってきたといいますので、働き盛りのお父さんやお母さんにも定期的に受けてもらいたい検査の一つだといえるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ