マイコプラズマ肺炎の感染経路 | 性病検査キットランキング

マイコプラズマ肺炎はお年寄りや子供が感染すると、命を落としてしまうかもしれないほどの怖い病気です。

そんな恐ろしい肺炎にどうして感染してしまうのでしょうか? その感染経路についてをできるだけ詳しくお話していきましょう。


1.マイコプラズマ肺炎ってどんな病気?

マイコプラズマというのは気管支炎や肺炎を引き起こす病原性微生物の事だってご存知でしたか?

この病原性微生物が気管支や肺に入り込む事で感染がおこり、さまざまな症状が現れる感染症の一つがマイコプラズマ肺炎なのです。

治療をするにはマイコプラズマの病原性微生物に効果がある、特定の抗生剤を処方されて治療をするしかありません。

その間は激しい咳や胸の痛みなどがひどいので、相当つらい思いをして病気を治さなくてはならないのです。

ところでマイコプラズマ肺炎はどんな感染経路で人々に感染していくのかを、簡単に説明していきたいと思います。


2.感染経路は飛沫感染と接触感染

マイコプラズマ肺炎はそれほど感染力が強いというものではないのですが、免疫力が弱っているお年寄りや小さなお子さんなどは、抵抗力がないので感染しやすいというのはあるかもしれません。

健康的な大人が飛沫感染や接触感染によって感染するというのも、疲れが蓄積しているために感染してしまったというのが理由としては多いのでしょう。

それ以外では夫婦間やカップル間での性行為によって感染することも十分に考えられるでしょう。ちなみに感染がわかった段階で会社もできれば休んだ方が、あとで恨まれずに済むかもしれません。どうするのかについては会社に相談をするといいでしょう。


3.マイコプラズマ肺炎の検査と治療

病院で検査を受けたとしても、風邪と似たような症状が出る事が多いので、医師もいきなりマイコプラズマ肺炎だとは診断しない事が多いようです。

すでに胸の痛みや肺に影ができているなどの場合は別として、初期の段階ではマイコプラズマだと診断される事は少ないでしょう。

ではどうすればいいのかというと、みなさんは性病検査キットを販売している検査機関をご存知ですよね?

ひそかに誰にも知られずに性病の検査ができる性病検査キットはとても人気が高い製品ですが、実は性病検査キットを販売している検査機関では、マイコプラズマ肺炎の抗原を調べる事ができるキットを用意している事もあるのです。

ですので初期の段階でマイコプラズマの抗原の検査を受けたいという場合には、性病検査キットを販売しているサイトなどで、マイコプラズマの検査キットを購入するといいでしょう。

検査は匿名でも実名でも受ける事ができますが、もしも初期の段階で陽性だとわかればすぐに病院で治療を受ける事ができます。

自分の命や家族の命を守るためにも、こうした便利なキットなどを利用してみるのもいいですね。

マイコプラズマ肺炎は合併症を引き起こす可能性があるので、できるだけ早い段階で治療をするといいですよ!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ