マイコプラズマの性感染症とは?

マイコプラズマウィルス感染症という性病があります。

肺炎じゃないの?と感じた方も多いかもしれませんが、実は性病のマイコプラズマというものもあるのです。

今回は、性器などに感染するマイコプラズマとはどのようなものか解説をしていきます。


1.マイコプラズマは肺炎だけではない

マイコプラズマというと、子供がかかり咳や熱を引き起こすというイメージを持っている方は多いです。

ただ、実はマイコプラズマは口や陰部にも感染します。

正確には肺炎を引き起こすものとは別の種類のマイコプラズマがあり、その種類のマイコプラズマは性交渉により感染するということです。

この性感染症としてのマイコプラズマは日本ではあまり認知されていませんが、欧米ではメジャーな性病として知られています。

感染する場合はどのような感染経路をたどり、どのような症状を起こすのでしょうか。


2.マイコプラズマの感染経路

性感染症としてのマイコプラズマの感染経路は、基本的には一つしかありません。

それは、性交渉です。

性器に限らずオーラルセックスも含む粘膜接触になります。

そのため、感染するのは主に性器周辺と口腔です。


3.マイコプラズマ感染症の症状

感染した場合の症状は性器の構造上、男女で若干異なります。

男性の場合は、尿道に感染することがほとんどで、感染したマイコプラズマが尿道炎を引き起こします。

よって、尿道の違和感や軽い痛み、膿が出るなど尿道炎の典型的な症状が出ます。

女性の場合は、子宮頸管に感染し炎症を起こすため、おりものの増加や痒みなどの症状が出ます。

た、だ男女いずれも感染しても症状が出ない場合も多く、特に女性は全く症状が出なくて、感染したことに気づかないケースの方が多いとも言われています。

そのため、治療されないままの状態の人も多くいると考えられますが、女性の場合のマイコプラズマ感染は不妊の原因にもなる可能性が指摘されており、感染した場合はできるだけ早い治療が大切になります。

喉に感染した場合も症状が出ない事が多く、感染した場合も喉の違和感程度の軽いものがほとんどです。


4.治療のためにも検査受診

感染しても自覚症状がなかったり、軽いものである性病としてのマイコプラズマ
ですが、不妊の原因にも繋がる可能性もあり、見過ごすことはできません。

また、症状が似ている淋病やクラミジアと誤診される可能性もあり、治療を受けたものの改善されない場合はマイコプラズマを疑う必要があります。

マイコプラズマは検査で発見することができます。

医療機関でも受けられますが、最近では性病検査キットにもマイコプラズマを項目として取り入れる物が出てきています。

初めて検査を受ける方や、医療機関での検査が恥ずかしいという方は、他の性病検査も一緒にできる性病検査キットをネットなどで購入してみるのもおすすめです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ