マイコプラズマ気管支炎の感染経路 | 性病検査キットランキング

マイコプラズマ気管支炎という病気をご存知でしょうか? 感染力はそれほど強くはないのですが、最近大人の感染者数が増えているのだそうですね。

症状が悪化すると肺炎になる可能性があります。今回は感染経路についてを調べてみました。


1.マイコプラズマ気管支炎とは?

マイコプラズマ気管支炎はこれまでは5歳~12歳くらいの子供が発症することが多いと思われていた感染症ですが、最近では大人も感染する人が増えている病気です。4年に1度流行するのでオリンピックに例えられる事もあるといいます。

このマイコプラズマ気管支炎というのは最初は風邪と同じような症状が出るので、病院でも風邪だと診断される事が多いといわれている病気なのですが、次第に激しい症状へと変わっていくのでおかしいと気づけるはずです。さて、気になるのはその感染経路ですよね。


2.マイコプラズマ気管支炎の感染経路

実はふつうだと感染力は強くないのがマイコプラズマ気管支炎の特徴なのですが、感染経路だといわれているのは飛沫感染ですね。

飛沫感染というのはくしゃみや咳などによって飛散したマイコプラズマ気管支炎のウイルスを吸い込んで感染してしまうというものです。

これとは別に濃密な接触によって感染するという感染経路があるのですが、これはご夫婦やカップルによる性行為などによって感染するという感染経路という認識でいいでしょう。


3.放置しているとマイコプラズマ肺炎になる

怖いのはこの病気は放置しているとマイコプラズマ肺炎を引き起こすという事です。感染した事がある人ならわかると思いますが、マイコプラズマ肺炎が治るまでは非常に痛くて苦しい事が多いですね。

なのでできるだけ初期の段階で検査を受けて治療を始めるといいでしょう。

肺炎にならないためにも病院で検査を受けましょう。ちなみに性病検査キットではありませんが、マイコプラズマ抗原キットというものが販売されています。自宅で簡単に検査を受ける事ができるので性病検査キットと同様に手軽で人気があります。


4.マイコプラズマ気管支炎を早期発見するには検査キット!

性病検査キットを販売しているメーカーでは、他にもマイコプラズマ気管支炎の早期発見のための検査キットが販売されていたりします。

病院に行って検査を受ける前に自宅で検査を受ける事ができれば体調を崩さずに、外で感染を拡大しないで感染の有無がわかります。

検査キットが必要な場合には、オンラインでマイコプラズマ検出キット、と検索をしたりマイコプラズマ抗原キットなどと検索をしてみると出てきますので、その中から自分に適していると思うものを選択して、必要な組織を自分で採取して郵送をしましょう。

結果は比較的早くわかるので、もしもマイコプラズマ気管支炎に感染していたとしたら、すぐに病院に行って治療を始めるようにしましょう。

肺にウイルスが侵入しないようにするためにもできるだけ早い段階で検査を受けましょう。もちろん検査を受けるときにはパートナーも一緒に受けるといいですね

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ