ちんちんの炎症の原因を調べるには

ちんちんに炎症が起こると、誰しも慌ててしまいますよね。

即座に頭に浮かぶのは、やはり性病です。

ですので、ちんちんが炎症を起こしたらまず、ここ数日から数週間の自分の生活を振り返ってみましょう。


1.ちんちんはとてもデリケートな組織

男性であるなら、誰しも1度はちんちんに異常を感じたことがあることでしょう。

特に思春期に多く、ちんちんの腫れや炎症は必ずしも性交渉のみに由来しているとは限らないのです。

最もわかりやすい例が、自慰行為ですね。

思春期の男の子は、1日に複数回の自慰行為をすることがあります。

2次性徴をむかえ、性器が様々な外部の刺激に反応してしまうため、仕方のない行為であるとは言えます。

ただ気を付けなければならないのは、過度の自慰行為は、陰茎や亀頭、それから包皮などの組織に無数の傷を作ってしまうということです。

意外に、そうしたことを理解していない男性が多いものです。

ですので、自慰行為の際に過度な力を加えるのは控えましょう。

あるいは過度な回数を行うのも、性器を傷つける要因となりますので、気を付けましょう。


2.ちんちんに炎症が起こる原因とは

傷ついた皮膚や粘膜は、体の内部を外に露出していることと同義と言えます。

私たちの身の回りには、無数の細菌や真菌が存在しています。

性器の表面が傷ついて、たまたまそこに細菌等の異物が入ってしまうだけで、いとも簡単に炎症が起こります。

そうして起こる陰茎の炎症に亀頭包皮炎という疾患があります。


3.亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎とは、簡単に言えばちんちんに炎症が起こる病気です。

細菌感染により、亀頭や包皮に発赤やかゆみを生じさせます。

一般的な性病とは異なりますが、自慰行為や性交渉によって発症する疾患です。

そのため、クラミジアや淋病などと勘違いしてしまう人も少なくありません。

亀頭包皮炎は、クラミジアや淋病のような強い感染力はありませんので、それほど深刻に考える必要はありません。

医師に適切な処置をしてもらい、適切な薬剤を処方してもらえば、きちんと治すことができます。

しかしながら、自分のちんちんの炎症が亀頭包皮炎であるということを自分自身で診断することは不可能です。


4.ちんちんの炎症の原因を検査キットを使って調べる

そこでお勧めなのが性病検査キットです。

性病検査キットなら匿名で性病の検査を行うことができます。

また、費用も安く、購入もインターネット上で行うことができます。

亀頭包皮炎のように、陰部に炎症が起きた場合、それをいきなり医師や看護師に見せるのは恥ずかしいですよね。

そんな時に、ネット上で市販されている検査キットを活用してみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ