蕁麻疹が出た時に疑うべき性病とは? | 性病検査キットランキング

体に蕁麻疹が出てしまった! これまでそんな症状が出た事がないので、すぐにおかしいと気づけるはずです。

こうした症状が出てしまう性病ってあると思いますか? もしもあるとしたらそれはどんな病気なのかをわかりやすく説明していきます。


1.体に蕁麻疹! もしかしたら性病かも?

健康が取り柄だった方の中には、突然蕁麻疹が出てしまうなんて事もあるかもしれませんが、もしも何もこれといった問題がないのに蕁麻疹が出たら、もしかしたら免疫が低くなっていたのかな? とか何か悪いものを食べたのかも? なんて考えるかもしれませんが、もしもあの時のセックスが原因かも? なんて思ったら性病を疑いたくなりますよね。

でも蕁麻疹ができる性病なんて本当にあるものなのでしょうか? もしあるとしたらそれはいったいどんな性病なのか、それをまずは知りたいと思うものですよね。

実は蕁麻疹のような症状が出る性病は少なくとも3つあるのです。それぞれの病気についてを簡単に説明しましょう。


2.梅毒

梅毒というと昔は治療ができない恐ろしい性病として有名でした。梅毒に感染すると赤みのある蕁麻疹のような発疹ができる人が多いようです。

また赤茶色委の蕁麻疹のような湿疹が出る事もあります。もしも赤や赤茶色の蕁麻疹のような症状が出た場合には、性病検査キットなどを使って梅毒に感染したのかどうかをしっかりと調べるといいですね。

もちろん感染がわかったらすぐに治療を始めてください。


3.HIV

HIVも不治の病として怖がられている性病の一つですね。全身にかゆみを伴わない蕁麻疹が出るのもHIVの特徴といえるかもしれません。

ただこの蕁麻疹は2~3日で一度すっきりと引いてしまうため、何だろう? 治ったからいいか。なんてことになりかねないので、できるだけ早く検査を受けてみましょう。

性病検査キットを使って匿名で検査を受ける事も可能です。治療費はかなり莫大になるので、受けることができる助成はすべて受けたほうがいいでしょう。

早めに治療しなければ免疫力がどんどん減ってしまいますので、身に覚えがある方は早めに検査を受けて治療を開始してください。


4.疥癬

疥癬は感染力が強いことで知られています。感染してしまうと指の間や性器の周辺、そして内また、わきの下や内股の部分に米粒よりも少し小さめの蕁麻疹のような発疹がでる事あるのです。中にはみみず腫れのような発疹が出る事も!

性病の仲間だと思われているようですが、実は疥癬はダニなどが原因で発症する感染症です。感染力が非常に強くて同じ部屋に雑魚寝するだけで9割の人が感染するほどの感染力なので注意が必要です。

疥癬に関しては寝具や衣服などの消毒(殺虫)をする事と、病院で処方された薬を塗って治療をしなくてはなりません。

悲しい事に性病ではないので性病検査キットで検査をすることはできません。でもダニが原因なのであまり恥かしくなく、堂々と病院に行って検査をして治療をするといいでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ